M様☆除霊案件のお話【5/5】

M様除霊案件のお話【4/5】の続きです。


次の場所に到着する間(1時間ほど?)
ずっと狂ったように叫びながら追いかけきます。。。



(´・ω・`)←いま私が祖母のコロス標的
※封じ込めた石(眷属)を持ってるから。


ずっとお前もコロスなどと、
ぶっそうな事を叫び続ける祖母の霊・・・


思わず・・・


(´・ω・`)マジうるさい・・・。


つぶやいてしまうほど、罵詈雑言が酷かったです…。


+++


目的のお寺は祝日という事もあり、
参拝客でいっぱいで煙がすごかったです。

その場所に辿り着き、香穂さんはMさん達に
やっていただく事をもにょもにょ。

いろいろもにょもにょ。

祖母の霊がすごい形相で見てるけど、もにょもにょ。



側から見れば普通の参拝客としか見えません。
それはそれでやりやすいのですw


ふと、ぶちょーの横にいたとき、


「ゴルァ、傍観しとらんとお前も働かんかい(神田くんに向かって)」


うちの守護神にドス聞かせている、ぶちょーがおりました。
(私に言ってないのは分かっておりますw)


ぶちょー「だってぼーっと傍観してからさ・・・」
※普段はとても温厚で優しいぶちょーです

+++

そのお寺で済ませるべき事を済ませ、最後の目的地に向かいます。
ここは以前、友人につきまとっていた生霊を除霊した場所
霊的にもとても良い場所があるのです^^

+++

Mさんの祖母(霊)がやっと香穂さんにより捕獲されました。

そこでMさんにずっと霊的な危害を加えまくっている事への
お説教といいますか、諭すといいますか
コンコンと時間をかけてお話をされていました。

すると先に捕獲された祖母の眷属らが、
「もういいじゃん、帰ろうよ」と祖母を諭す状態に変化していき、
とうとう観念をされ、行くべき先に帰る決意となりました。



その状態になった時、ふと私の方である光景が視えてきました。

どうやら祖母が生前だった頃、晩年の様子のようです。

大きな綺麗なお屋敷、何十畳もありそうな広いお部屋の中に
布団を敷いて病に伏せっている祖母の姿でした。
若い頃のようで、髪は長く細身で綺麗な女性。。。

でも自分が特殊な能力を持っているが故に
家族から気持ち悪がられ、かなり孤独な状態だったご様子です。

祖母のいる部屋の障子の外からは人の声が聞こえてきますが
祖母を気に掛ける人がほとんどいなかったようです。

そんな孤独な心情を思わせる光景・・・
旦那さんは愛人を作り、ますます家から遠ざかり、
祖母は家の中で自分の存在感を見出せなくなったようです。

強い霊能力があったがための生きづらさが
孤独感を増していくことになり、
自分の存在感を見出すために
誤った方向に能力を「恨み」に使う風に変わっていった…。

Mさんの恨みの根っこにあったのは耐え難い孤独感でした。


人に普通の人と扱ってもらえず、
愛情がほしい人は別の女性を作り続け、
どんどん自分が無価値に思え、視えるものは眷属や霊といったモノばかり。

人と仲良く接したいのに、人間以外の存在としか接触できない日常が
どんどん祖母の心を病ませていったようでした。

晩年、山にこもったのも強い人間不信と
精神的に不安定状態になった末の行動だったようです。


祖母の生前の孤独感は、とても人事とは思えない感じでしたので
今回はお仕置きはせず、香穂さんは祖母の恨みを説き伏せた後、
行くべき先に眷属と一緒にお送りいたしました。

そしてMさんの除霊は完了となりました。

+++

何年後になるかはわかりませんが、
少し霊的な修行を重ねた後、祖母の霊は
Mさんを守る存在になるそうです。
眷属付きですから、それはそれはとても強い守護になるそうです。

Mさんはこれまでたくさんの苦労や死にかけた事がありましたが
その事を聞いた途端・・・。


Mさん「早く眷属ちゃんがうちに来て欲しいーーー!」←祖母は?


とってもウキウキされていました。

+++

Mさんを取り巻く環境をお聞きしたとき
どうも周囲の人からずっと稼いだお金を搾取されているといいますか、
何かと金銭的に要求される事が多く、ずっと働き詰め状態です。

Mさんが倒れると、周囲もこけてしまうような状態で
何もかもMさん頼りの状態…。

あまりにお気の毒でしたので、今回はMさんに
無償でブレスレットを差し上げました。
(石の中身は私の意図する内容に香穂さんに調整してもらいました)

面倒見が良すぎる姉御肌が
周囲に搾取されるという状態になっておりましたので^^;

その差し上げたブレスレットは定期的に壊れたり
石の中身が元と変わっているようですが
香穂さんが調整をしたブレスレットなら
何とか直してもらえるでしょうから...^^;

今回の除霊はかなり特殊な例だと思います。

除霊に至るまで、あちこちに出向かなければいけない事もあり、
その辺りのことは記載しておりません。

その後、Mさんのご家族では何かと霊的な問題を抱える方がおりましたので
家族単位で調整をするブレスレットなどもご依頼されたそうです。

こちらは私がMさんに贈答したブレスレット。
石の中身は撮影時から変わっております。

191127_MGsama_3.jpg


191127_MGsama_1.jpg


191127_MGsama_2.jpg

何度か壊されてるそうですが
修理は香穂さんにご依頼いただいております^^;

2020/06/21(日) | ☆cantaの霊的仕事・不思議な出来事 | トラックバック(0) | コメント(4)

M様☆除霊案件のお話【4/5】

M様☆除霊案件のお話【3/5】の続きです。


(;´Д`)関わる人がみんなコロされかけてる案件…。


(;´Д`)見学者から参加者になっとる…。



ガーーーーン......o.....rz

+++

月日が経過し、除霊の段取りなど
いろいろ細かい事をしながら当日を迎えました。

除霊の当日は霊の妨害が入るなどで交通機関や不慮の事故などに注意していましたが、
遅れる事なく最寄駅に私は着く事ができホッとしました。
当日がいちばん妨害が入りますから…。

小さな駅で休日という事もあり、下車する人がとても少ない駅ですが
数名が駅周辺にいる中、お一人、目を引く男性がおりました。

あまりにもラフな格好だったので、地元の人かと思いきや
合流した際に、Mさんの弟さんだと判明しました。。。。


みんな車に乗れるかなという感じで車に乗り込み、
時間のロスが許されないので、さっそく現地の1つに向かいます。

祖母がこもっていた小高い山はもうとっくに開拓されて
住宅地となってしまい、ありません。

古地図にも小さい空き地はわかりますが
昭和初期のこの地域は山ばかりでした。。。


前日から除霊のターゲットを絞り込み、
相手(霊)が逃げないように香穂さん側で囲っていたので
だいぶん絞っている状態にはなっているのです。

Mさんの祖母は霊能者で、眷属を使役していたそうです。
今回、霊能者だった事がこれほどひどい障害を起こすほどの
力を持つ女性だった事と、祖母の眷属もそれに加担していたのです。

すでに「根深い恨み」しか持っていない状態の祖母を
除霊という形で行くべき先に行かせなければいけません。

祖母の霊力をもっと大きな霊力で抑え込む・・・
大雑把に言うとこんな感じの除霊になります。

+++

周りをみて、車で移動をし香穂さんがある神社で
持参したパワーストーンに「何か」を封じ込めました。


…側から見れば、何をしてるのかさっぱり分からないでしょうが^^;


そのパワーストーン(ペンダント)を香穂さんが
「これ持ってて」と私に手渡されました。

さっきまで普通のパワーストーンだったのが、
禍々しく変化しております^^;;;


そして車で移動をし、祖母が入っていると聞いた
お寺に向かいました。

+++

晴天でドライブ日和のような日。
禍々しくなった石を持って次の場所までドライブ。
側から見れば、仲の良いグループがトライブしてる車。


香穂さんの相方さんが何やら半笑いで


ぶちょー「ねー、カンちゃん。何か聞こえない?」



(´ー`)聞こえませんねー♪←脳内でドライブソングを再生中



「・・・・・せぇぇぇ・・・・」



(´ー`)ん?



「・・・・・えせぇぇぇ・・・・」



「・・・・・返せぇぇぇ!!!!!!」



(;´∀`)・・・うわぁぁぁぁ・・・



香穂さんがパワーストーンに封じ込めたのは
Mさんの祖母の眷属達でした。

大切な右腕を取られた祖母の霊が
「ゴルァ!!!! 返せ〜〜〜〜!!!!」と
絶叫しながら車を必死で追いかけてくるのです。

もちろん、近づけないようにされているのですが
その絶叫はお寺に着くまで延々・・・でした。

「お前もコロしてやる」と
何度、祖母の霊に言われたことでしょうか。。。


(´・ω・`)ショボーン←何もしてないのにシネコロスと罵詈雑言を浴びせられる


M様☆除霊案件のお話【5/5】に続きます。
(6/21up予定)

2020/06/14(日) | ☆cantaの霊的仕事・不思議な出来事 | トラックバック(0) | コメント(0)

M様☆除霊案件のお話【3/5】

霊の話の前にインフォメーションです^^

ショップに新作のマクラメ編みをアップいたしました。
今月はオーダーや私用が重なっておりますので、
新作アップは6/7、6/28を予定しております。

どうぞよろしくお願いいたします^^

☆Cantarton(カンタルトン)

+++

M様☆除霊案件のお話【2/5】の続きです。


私は香穂さんから除霊当日は来るように言われており
「見学」という形のお誘いでした。

見学というか除霊当日はクライアントさんを護る役だそうで、
ご一緒するという話になっておりました。
でも、一歩離れた外野な気分でいました。

+++

以下はMさんの霊障の因縁が判明した後の話になります。

Mさんの亡くなった祖母が
今回のMさんに降りかかっている霊障の原因だと判明し、
その祖母が住んでいたのが関西でした。
そのため除霊場所が関西となりました。


Mさんの祖母は実は霊能者でした。

嫁ぎ先は普通の家で、旦那さんも普通の人。
現代のような結婚事情とは全く違います。

祖母の生きていた頃の時代の霊能者ということは、
今よりもずっと表に出る事が少なく、
置かれた環境によっては酷い差別が多かったと思います。

祖母の生きていた時代、住んでいた場所を調べる事になったのですが
太平洋戦争の前後の時代ですから、
今と土地がかなり変わっています。

祖母は嫁ぎ先では良い想いはしていなかったようで、
最後は一人で山に籠ったしまったそうです。

身内には自分の事をあまり話さなかった事もあり、
晩年、祖母がどこに住んでいたかもわからない状態で、
住んでいた「地域」という広い範囲でしかわからない状態でした。
しかも、戦後は住宅地となってしまって、すでに無い小さな山です。

「少し小高い山。山というほどではない」というだけで、
山の名前も地区もわからないので、調べようが無いのです。。。

+++


「昭和20年頃のその地域の詳細な地図がいる」

と、香穂さんから真夜中に連絡が入りました。
深夜までMさんと除霊に関する打ち合わせをしていたそうです。

名古屋から出向いて調べるのは大変だろうと思い、
「こっちで調べれる事はやりますよー」って、
返事をした後でしたので、すぐに調査に必要な年代の古地図を
探しに行く事になりました。

+++

事前に資料のありそうな施設に電話をし、
古地図の有無を調べ、根回しも順調に終わりました。

「2週間かかる」と職員の方に言われましたが、
…そんなに時間がかかりそうなものではなく
…フィルムからコピーを取るだけなんですけど…。

やんわり急いでる事をゴリ押ししたら、
すぐに対応してもらえ、1週間以内に資料が揃い、
香穂さんに発送することができました。

この案件に関わるとひどい妨害に遭うのは見てきたのですが
なぜか私の方には妨害は入りませんでした。

関わると影響はあると聞いていたので
影響はあったはずですが、こちらも守護存在の護衛がある事や
香穂さん側でこちらへの妨害も
行かないよう算段もあったかと思います。

調査はとてもスムーズに終える事ができました。

資料を発送でき、ホッとしたのも束の間。



香穂さん「当日、カンちゃんにやってもらう事があるから」


(´д`)はい?


(´д`)「見学」では・・・?


香穂さん「アオちゃんや神田くん(※)にもやってもらうことがある」
※アオちゃんや神田くん=私の守護関係

詳しくはこちら。

☆アオちゃんが守護に付いたお話(限定記事)

☆神田くんが守護に付いたお話


(;´Д`)。。。総動員?



(;´Д`)←この件に限らず、除霊には関わらない決意をしたばかりである



(;´Д`)←いつのまにか参加者になってる


+++


ちなみにこの除霊案件は、香穂さんがご相談を受けた時から
約10ヶ月ほどかけて慎重に除霊の準備をしていた案件です。

案件にかけている期間が、いかに手間取り、
慎重に進めていた案件かお分かりいただけるかと思います^^;

Mさんの祖母に関する情報がほとんど無いため
いくつかの除霊ルートパターンを決めるしかありませんでした。

失敗すると、クライアントさんもですが
除霊する側ももっと命の危険な状態にもなりますので
慎重に除霊日や場所などを進めていました。

私も除霊当日まで詳細は知らされていないことも多く、
調べれるだけ調べた後は、現地で香穂さんが霊視をしながら
進めるという段取りが精一杯でした。
ですので通常の除霊とは違い、時間が全く読めません。

しかし1日で終わらせないといけないので、
周辺環境の調べ事から、最短のルートを調べたりと
通常よりも多く手間取りました。

除霊の当日は朝の5時前に名古屋を出発し、
到着する頃に現地集合、という段取りになりました。



(´・ω・`).;:…(´・ω...:.;::..(´・;::: .:.;: サラサラ........また騙された......


M様除霊案件のお話【4/5】に続きます。
(6/14up予定)

2020/06/07(日) | ☆cantaの霊的仕事・不思議な出来事 | トラックバック(0) | コメント(0)

M様☆除霊案件のお話【2/5】

M様除霊案件のお話【1/5】の続きです。

霊能者もさまざまで、私が過去に関わった霊能者は
霊的なガードがとてつもなく強い方ばかりでした。
もちろん霊的に護る守護存在や眷属、使い魔など、
かなり強い存在がついておりました。

そんな人でも危険な除霊案件では、
ひどい打撲や傷、怪我などをします。

中には病院で治らないものもありますので
薬ではなく、薬草や植物を治療に使う事もあります。

普通の霊能者では除霊できない案件や
祈祷師や霊能者、神社仏閣などからの依頼が多いからもありましたが、
霊能者は普通の人よりも不穏な気などには一番過敏ですから、
違和感には日頃から、何倍も警戒対策もしているのです。

それだけに次々と倒れるという今回の案件は
最初から危険そのものでして、
「除霊しようものなら皆コロス」というような状態でした。

前回の香穂さんの記事にありますように
過去にMさんは度重なる不幸や事故に不安を覚え、
自分を護るためのパワーストーンのブレスレットを
オーダーで依頼を沖縄の霊能者に依頼をしたのですが、
不自然なことが重なり、断られていました。

+++

香穂さん「今回の除霊の場所は関西」


香穂さん「かんちゃんも今後の勉強で見学に来る事」


そう聞かされて、行くつもりだったのですが
すでに恐ろしい状態になっておりますね…。


(;・ω・)霊能者じゃなくてよかったよ…。


つくづくそう思いました。

+++

今回のMさんに何十年もまとわりついている
度重なる事故や不幸の原因を香穂さんが探っていたのですが
「探る」という事は、原因の霊を刺激する事にもなります。

少し手を出すと攻撃を仕掛けてくる霊もおりますから
警戒して、絡まったMさんの霊的な因縁関係を探っていたそうですが
それでもこのような状態になっていました。

もう一つの理由は、Mさんの除霊が決まった後は
クライアントさんがこれ以上、危険な状態にならないように
香穂さんが霊の攻撃を香穂さん側に来るように仕向けていた事もあります。

Mさん側で危険な状態は起こらなくなっていましたが
携帯電話に異変(かけてもいないのに発信履歴がたくさん…)
携帯が急に壊れるのは序の口です。

一番困ったのは、金銭的に追い込む現象が起こりました。
Mさんに急に「未納督促状」が届いたのです。

Mさんのお住まいの住所は変わっておりません。
しかしなぜか配達されなかった過去の税金関係の督促状でした。

配達されていないなら、差出人の役所に戻るはずなのです。
しかしそれが戻っておらず、「未納=差し押さえる」という督促状が
いきなりMさんに届き、びっくり状態です。

Mさんはすぐに役所に届いていない事を説明をし、
きちんと後で支払ったのですが、その時期は
周囲の人も怪我や入院などをし、物入りの時期でした。

これも金銭的に動けなくする事で
Mさんの行動を妨害するという霊障の1つでした。。。


それ以外にもMさんのお子さんが急な大事故を起こして入院したり、
何かと一歩間違えると死に繋がっている出来事が
起きるようになっていました。
(お子さんの一命は取り止めました)

障害は次々と起こったのですが全て書くと
ものすごい量になりますので割愛させていただきます…。


そんな状態をずっとお聞きしていただけに、ますます


(;・ω・)霊能者じゃなくて本っっっっ当によかったよ…。


余談:「あたしゃ本業はデザイナーですよ…」と香穂さんにいうと
「は?それは副業でしょ」と突っ込まれてます...orz


命を落とす可能性が高い案件を
引き受ける霊能者はとても少ないです。

依頼を聞いた時点で霊能の妨害にやられてしまう人もいれば
関わる事に危険を感じて沖縄の方のように断る霊能者もおります。

自分の能力に見合った依頼しか受けないという事もありますが
自分が死ぬかもしれない依頼を進んで受ける人・・・
・・・いませんよね。

こういったお話は師匠の話を聞いて慣れていたのですが
一番、大丈夫なはずの人(香穂さんの相方・ぶちょー)まで
霊の攻撃でやられてしまい、病院に運びこまれました。

数々の障害や困難が起きる状況の中、
Mさんはがんばって今回の除霊で必要な情報を調べてくれたのですが
原因がどうも過去の身内の話で、有力情報がほとんど掴めない状態で
時間が過ぎていきました。

そんな中、次にMさんの弟さんが急な重病にかかっている事がわかりました。
健康診断では引っかからなかったのに、突然の重病…。
次はMさんの弟さんも危ない…。

というか関わっている全ての人が危ない。。。

除霊に関する事が全く決められない状況の中、
当日は関西よりも西に住むMさんの弟さんも
来ていただかなければいけなくなりました。


M様☆除霊案件のお話【3/5】に続きます。
(6/7up予定)

香穂さんの記事はこちらです。

Mさま除霊案件②


2020/05/28(木) | ☆cantaの霊的仕事・不思議な出来事 | トラックバック(0) | コメント(2)

M様☆除霊案件のお話【1/5】

昨年のお話になります。

この案件を書くにあたって、書けない事が非常に多く、
かなりはしょって記載になります。
おおむねの話は分かるよう記載しております^^;;


霊の話の前にインフォメーションです^^

ショップに新作のマクラメ編みをアップいたしました。
あまりお目にかかれない石もありますので、
よろしくお願いいたします^^

☆Cantarton(カンタルトン)

+++

昨年の春先に香穂さんの方では
酷く体調を崩す状態が続いていました。

大きな除霊案件が入っていた事は断片的にお聞きしていたのですが
どうやらその案件に関わった人が、
いきなり急な病気や体調の悪化で倒れていく…。
そんな状態が続いておりました。

今回はとても危険な除霊案件のお話でして、
それだけに深い業と霊的な因縁も複雑です。

クライアントさんであるMさんからは
「全部ブログに書いて良いです♡」と言われておりますが
全部はさすがに…という事で…。

出来事がエグすぎてかけない部分は
はしょらせていただきます。

過去に事故による死人も出ておりますのでね…。

+++

そのクライアントさんはMさんといいまして
香穂さんが別の仕事で出会った方でした。

香穂さんが出入りしている建物には実は霊がおりまして
香穂さんは霊関係の依頼で出入りしているわけではありませんので
霊は危害を加えてくる事もなかったため、
無視をして仕事をしていたそうです。

そのMさんは霊が昔から視える方でした。
香穂さんも私と同様に、普段の生活では普通の人には
霊に関する話は出さないようにしております。

しかしMさんは視える方。
こういう方は、同じような人をかぎ取る臭覚があるのか、
霊的な話をする間柄になるのに時間はかからなかったそうです。

そしてある日、Mさんから複雑な身の上相談を
急に聞く事になりました。
突然のカミングアウトでした。

+++

Mさんは幼少の頃から生きていく上で
とても厳しい環境で育っており
早く家を出て、結婚をされました。

ところがその結婚生活は酷かったらしく、
すぐに後悔をし、身の上に起きる出来事が辛すぎて
ずっと死ぬ事を考えながら20代を過ごしていたそうです。

実際に何度か自殺を図ったこともあったそうですが
そのたびに命が助かるのでした。

そういった事の繰り返しで、死ぬ事もできず、
がんばってこれまで、どうにか犯罪も犯さず
真面目に生きてきたそうです。

Mさんのこれまでの人生は、少しうまく回りはじめると
何かと大きな不幸が起きて、ずっと苦しい生活が続けていました

信用していた人から何百万も騙し取られた事もあれば、
自分の家にいることができなくなり、公園で野宿をしながら
仕事を続ける事など、ザラだったそうです。

そんなMさんが香穂さんと出会った際、
自分の身の上に起きていることを話さなければと思ったそうで、
今回のカミングアウトに至ったとお聞きしました。
※香穂さんは別の仕事場所では霊能者ということを隠しています。

しかしカミングアウトをする前(出会った後)
Mさんはひどい高熱で2週間ほど40°近い高熱にうなされます。

仕事を休み、自宅はあるのですが家に戻れない事情がおありで
ネカフェに泊まるしかなかったそうです。

病院には行きましたが熱は一向に下がらず
トイレにも行けない、歩けない状態で狭い個室で動けない状態で
朦朧とした意識の中で「今回こそ死ぬ…。」
ずっと死を感じながら過ごしていたそうです。

そしてその後、奇跡的に熱が下がり
香穂さんと再会することができました。

そしてこのMさんからの身の上の相談(カミングアウト)を聞いた時
香穂さんは「除霊しなければ延々とMさんが苦しむ」と判断をし
除霊を引き受ける事とになりました。

そこから、香穂さん側でひどい病人が出る状態が続き、
一番、霊的なガードが強い「相方ぶちょーさん」まで
ひどい高熱で倒れてしまい、救急搬送されてしまったのです。

その次に香穂さんがひどい喘息のような状態になりました。


「…相手(霊)が本気でコロしにかかってるやん…」


香穂さんの記事はこちら。
途中で限定記事になります。

M様除霊案件①


M様除霊案件のお話【2/5】に続きます。
(5/28up予定)

2020/05/21(木) | ☆cantaの霊的仕事・不思議な出来事 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »