2016年☆月と木星が大接近した日とエネルギー変化【後編】

前回からの続きです。

翌日は体への酷い重圧感や圧迫感が消え、元の重さになりました。
重圧感と耳閉感が少し残りますが、振動もほとんど消えました。

木星の重力は小惑星や彗星の破片を
地球に衝突するのを防いでいるそうです。

落ちた場所は大災害が起きる可能性がありますので
ありがたい星でもありますけど…けど…。

重さや感覚が異常でかなり辛かったです。
MRI検査に行こうかと真剣に考えたほど…^^;;;

惑星の位置が大きくエネルギーが変わるんでしょうね。

数年前から地球に届くいろんなエネルギーの質が
大きく変化を起こしているのは感じていましたが、
その中にはマイナスエネルギーもあり、
それに反応している人も増え続けていますね。
おかしな事件や暴動が世界的に増えていると感じている人は多いと思います。

数年前からスピ業界で騒がれていた次元上昇(アセンション)とは
肉体、精神、感情、自分の出す周波数、霊的にも
自分自身を上げて変化させていく内的な変化であり、
今まで自分のレベルをあげて来なかった人は
さらなる地球のエネルギー変化についていけなくなるようです。

常に暴力的やネガティブな感情に支配され、エゴに支配され
日常的に愛の無い、低い波動にだけ感応し、
同じように低い波動を出し続けていた人は取り残されていくそうです。

愛や光という綺麗なスピ世界しか言わなかったスピワーカー、
闇や裏の部分にはわざと蓋をしてるのか、見ないようにしているか、
綺麗事だけを言いならべ、現実を見ようとしてこなかった人、
そういった人はこれからも変化についていけず、
これからは次第に置いてけぼりなんだそうです。


闇があってこそ光が存在します。

夜空を見れば星々や月や火星やいろんな星が輝いて見えるのは
闇があるからこそ光輝く姿。
肉眼で見えますよね。

スピ界では光や愛、委ねて許す…といった「天使に全てを委ねましょう」
「あるがままを受け入れる」は、いわば自分の人生の問題を他人任せ?
現実問題に打ち当たって苦しんでる人にも本気でそうアドバイスしてるのかなと
昔、疑問に思っていました。

さんざんそんなワーカーの裏の顔を見てきた私には
甘スピは嫌悪感しか感じませんが、
美しい言葉しか言わないスピワーカーはたくさんおります。
個人的には自分の人生は自分でつくるものだと思います。

個人的には一時的でも慰めが欲しい人もいますから
ハマるも自由ですし、自分とは全く違う世界の人と言う感じです。

あのワーカー(または霊能者・占い師)は本物でしょうか。
といった質問も、実は過去からかなり多かったのですが
判断はご本人が調べるなり、交流して自分で判断すべき事だと思います。

どんな力のある霊能者、占い師が鑑定して答えを出したとしても
その後の選択を決めるのは自分自身です。


私の場合は鑑定や霊気講習で、答えはお出ししてますが
常連さんになった人ほど、その人が考えなければならない部分、
自分で判断していく段階に登った人には答えはそのまま出さず、
わかりやすいヒントでお出しする事もあります。

自分自身で考えて判断していく事の積み重ねが自立心となり、
人に答えを出してもらわないと判断できない状態や
鑑定や占い依存に陥らなくなります。

考え抜いても、調べても答え(結論)が出ない事を
人や鑑定で聞くのとは全く違いますので誤解なきようお願いします。

+++

エネルギーの大きな変化は人の肉体やメンタルにも
大きな混乱や変化を起こしていきます。

地球を助けようとしている視えない存在もいれば、
破壊活動をしている存在もいます。

他人が悪いという意識の人、常に誰かを攻撃しなければ気が済まない人、
重度の精神疾患、犯罪に手を染めた人、感情が不安定な人など
私の日常生活では直接の接触はなくなりましたが、
周囲にとても増えています。

こういった低い波動は地球や地域にどんどん溜まります。
雨や雷雨、暴風雨で流しても人がずっと出し続けてる限り、
すぐに溜まっていきます。
産業廃棄物レベルの低い波動が溜まっていってる状態です。


チャネリングできる人、霊感や霊能力ある人は特殊、
羨ましいと私もよく言われました。
(実は嫌いで苦手な言葉です…)
私の経験話を聞けば、憧れなど全く無くなる人が殆どですよ。

でもこんな能力なんて、現実世界では自分を犠牲にしようとも、
何十人、何百人と助けようとも、満身創痍に貢献しても
世間では「胡散臭い」という裏の仕事です。


一般社会では評価されなければ、公に功績を認められるような
表舞台の仕事ではありません。
一人前になるまでに厳しい修業だの訓練の日々など…。

人生を普通の人のようにエンジョイ♪したいのに
それが普通の人のようにできないという面も多い世界です。

私の経験から言えるのは凹んだ気分、嫌な気分が続いたりする人は
気分の切り替えする事を覚えていきましょう。
沈んでいると自分自身のオーラも波動も落ちている状態で
落ちるとそれに似たような波動の人やモノを寄せてしまいます。

明るい波長の音楽を聴くとか、映画を観るでも良いですし、
お笑い番組でも見ませう。
心からの笑いは人の波動を上げる妙薬ですから。


苦労した事や表に出ない人を助ける仕事の功績、
愛ある霊的な活動の功績は人の本来の魂の故郷である
「あの世(霊的世界)」で、もっと上の存在に
正当でかつ大きな評価をされているのだそうです。
(出典/チヨさん)

死後が楽しみですわwww


【7/26(明日)、霊気関係の無料セッションご案内の記事をアップします】

2016/07/25(月) | ☆精神・霊世界の事 | トラックバック(0) | コメント(4)

高野山密教瞑想法

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2014/06/22(日) | ☆精神・霊世界の事 | トラックバック(-) | コメント(-)

瞑想法2

瞑想法1の続きになります。

数分の「短時間瞑想」ができるようになった後、
次に思いついてやってみた方法は以下。


【音楽を聴きながらの瞑想】です。

歌詞のない静かに流れるような音楽で、
寝オチ防止のために最初は大きめのボリュームにし、
音のみに意識を集中します。

そうすると余計な事が浮かばない事が多く、
音に意識や周波数を合わせる事ができます。

…特に私の場合は、集中して瞑想中に誰かを思い出すと

その人について視えてしまう...orz

低級霊・高級霊の気配をすぐに察知や視える...orz

金縛りに遭う...orz

高次の存在に話しかけられて答えてしまう...orz


という事ばかりで「瞑想できんがな」という状態でした。
これも何も考えない瞑想をやりにくい原因でした。


それを解消するために考えたのが
霊視防止の為の「音を使った瞑想」は
非常に効果的でした。


最近ではサウンドヒーリングの音や自然の音や
水晶の音(倍音)の販売もしているので
それらを使用しても良いでしょう。


音を使った瞑想法は私の場合は
次第に「音」がわずらわしくなってきたので
かすかに音が流れてる程度に、ボリュームを下げていきました。

音は、気分によって変えた事もあり、
次第とその音楽を思い出すだけで、
瞑想時のような落ち着きを思い出すようにもなります。

音を使って、瞑想で脳内に記憶として
すり込ませていたのだと後で分かりました^^;

+++

瞑想の時間を長くすると同時に困ったのが

「自分の意識の置き場」

内側に向けるのか、自分の周囲(外)へ意識をするのか

(´・ω・`) どっちにしたら? 

と迷いました。


内側に向けると、ハイヤーセルフに繋がってしまいウルサイ。

外側に向けると、霊や高次の存在に話かけられて困ります。

結局それは、私の場合は「気分で決めました」←こればっかり(笑)


音の旋律のみに集中するときや音のみに集中。

全く何も考えないようにしたり、
意識の置き場を自分の中心の奥にしたり。

そのうちにチヨさんより教えてもらった瞑想方法を
「('A`)こんな方法あんの?」と、疑いつつもやっていました(笑)


師匠に教わった「色を入れる瞑想法」もあります。
※石を使った瞑想法です。

球に包まれるイメージや、何も考えない状態にしてみたり
ネットや本や聞いた話をいろいろ試してみました。

後はそのときに思いついた方法などを気分次第で試して
自分に合う方法を掴んだ感じです。

後はいろんなHPや本があると思うので
参考にして試してみて自分に合うので良いかと思います。

今回、ご紹介をしたのは「すぐに寝てしまう」という
瞑想の初歩で難航している方への練習法です。

【参考記事】
高野山密教瞑想法

2014/06/02(月) | ☆精神・霊世界の事 | トラックバック(0) | コメント(2)

瞑想法1

その中で最近、オーダーいただいた方で
生まれつき霊感の強い方や石を持って熱感など感じる方も増えました^^;

中には瞑想してから持つ石や宝石も存在します。


個別に石との瞑想法や共鳴の仕方などを
リーディングのオーダーの方もお伝えしていましたが、
「瞑想法が分からない」「瞑想が出来ない」「寝てしまう」
と相談される方もいましたので
限定記事にて過去の瞑想法の記事を復活させる事にしました。

+++

「瞑想ができない」というメールをいくつかもらったので
私が瞑想できるようになるまでの方法を載せてみる事にしました。

過去に何回か指導霊、そして師匠にも「瞑想をしなさい」言われ、
瞑想にチャレンジしたものの、ネットや本に書いてる方法をやっても、
長くて3分ほどで眠っていました。
(別名:のび太くん=私)

「何回かやるうちに出来るようになる?」

「風呂場でやったら寝ないんじゃない?」

と思って湯船に入ってやってみたら、それでも寝てしまい、
溺れそうになり「(-_-)もうやらん」
と瞑想1つで挫折をして、全くやらなくなりました。


人や本で見聞きした瞑想の感覚と私の体感がどうも違うようで
「私は瞑想ができない人なんだ」と凹み、
すっかりやらなくなっていました。

それでもやらないといけなくなってきてしまい
いろいろ方法をネットで探っても、
のび太くんは瞑想がどうしてもできません。


('A`)柄にも無いことはするもんじゃないなぁ...

と、思いつつ…

しかし、やらないと指導霊のチヨさんに怒られる日が増え、
さぼっていると物理的な妨害までされる…(ぐすん)。

何か方法が無いかと考え、ふと浮かんだ方法がありました。

それをやってるうちに瞑想が出来るようになったので
一つの方法として書いておくことにします。

どこかの瞑想の本で載ってるかもしれないですが
瞑想本を読んだ事が殆ど無いので.....^^;

+++

「瞑想を始めたらすぐに寝てしまう」

という事が、私の場合は瞑想ができない原因だったので、
1日の仕事や家事の全てを終わらせた後のマッタリタイムは避け、
休日に寝まくった後にやってみました。

【最初に3分瞑想。続けれそうでも3分だけ。】

3分という時間が分かるように携帯でアラーム設定。
3分を小分けにしてやってみました。

...それでも寝てしまう日もありました...orz


【3分に慣れてきたら今度は5分瞑想。】

続けれそうでも5分。
同じように携帯でアラーム設定しておく(寝オチ防止のためでもある)


そうして5分、10分、15分...

という短い時間設定を重ねて
瞑想を始めて瞬殺で寝てしまう私でも、時間を延ばす事ができ
そのうちに普通に瞑想が出来るようになりました。

瞑想をし始めると、過去の嫌な出来事の感情や
普段、うっ積している感情が出てくる事があります。

こうした「過去の感情」が出てくる事が大事であり
密教の瞑想法を習いにいった際にも僧侶からも言われましたが
「古い感情が出てくる事は瞑想に成功している」と思ってください。

何も考えないか、過去の出来事の感情を消すか流しっぱなしなのかは
そのときの気分次第で私はやっていました。


瞑想を始めると、過去の感情が急に浮かんでくる事が多く
嫌な感情を喚起させてしまった場合、堪え難い人もいます。

瞑想としては成功してるのですが、
どうしても嫌な感情が消えないときは流されるまま放置か淡々と流すか、
どうしても嫌な感情が辛くなった時は
まだ受け入れる事ができない状態ですから止めても構わないと思います。


瞑想法2に続く。

2014/05/31(土) | ☆精神・霊世界の事 | トラックバック(0) | コメント(0)

スピ&霊能力の無理な開発の危険性とその末路

最初、限定記事にしていましたが公開にしました。

自分で霊的な仕事をする時のオンとオフができるようになれば
毎日面倒なグラウンディング方法
実践しなくても生活できるようになれます。


私の場合は霊的アンテナのオンとオフが難しく
「完全にオフ」にはできません...orz

あまりに身体が辛いので何とか頑張って肉類を食べ続けたり
よく言われる「霊感が落ちる食事」を実践しまくって、
胸焼けで終わってしまい、あまりにも辛い体感なので
「霊感を鈍くする努力」をしたのに無理でした...(´・ω・`)


ほとんど一般で鈍る方法を試しても無駄で、
意に反して感覚が強まるばかり。

とうとう生活にも仕事にも身体にも相当な負荷と
普通の人と一緒に生活ができなくなるほどの支障をきたすほどになりました。

拒否すればするほど霊的な感覚だけが強くなるという鬼畜霊体質です(悲)

+++

ある知り合った霊能者の方に

「貴方は生まれつき霊的な受信能力が高過ぎるので
 コントロールができるようになればかなり身体が楽になれる」

と言われたものの、日常の仕事と依頼で忙殺されているうちに
そういう方法も調べる事も勉強する場に行く事もできなくなりました。


今の状態で「自分の為の時間」を作るのは難しいです。

それでとうとう限界が来てしまい、
「半強制的なブログの更新頻度」も下げました。

霊的な受信能力や霊感が生まれつき強い人は
グラウンディング方法や霊的なブロック法の習得は必須になります。
天然石や宝石では全てをカットしたり、守るには限度があります。


あまりに過敏感覚を持って生まれると、
現実生活と霊的感覚のバランスが少しずつ酷く狂いはじめ
「受け入れる器」や精神力をを鍛えないと人格が壊れる
いわゆる「精神破綻をする人」がとても多い世界です。


自分から能力開発をしようと大金をつぎ込んで
セッションに通う人がいますが、無理に開発をしたところで
今度は、自分が受ける情報や感覚の量が通常の人よりも何倍、何十倍になります。


その多大な情報・感覚を受け入れるだけの器や精神力が元々無いと
霊的な感覚だけが研ぎ澄まされて、自分ではとても処理しきれないほどの
人の思念、さまざまなエネルギー、負の感情、霊といったものを
24時間休む事なく感知し続け、受け続けるのです。

無理に開発したいという人には、
それを受け入れる器、精神力という相当な覚悟はあるのでしょうか。


無理な能力開発には「危険性」が強く、
霊感の憧れへの「代償」は相当にキツイのです。


もともとそのような霊的な感覚を受け入れる器が備わっていない人が
無理に扉を開くわけですから、あっと言うまに己の欲した欲望に感応した
低級霊の格好の餌食にもなります。

そのような事例もいくつも見てきましたが
自分で無理に開発した人の行く末は悲惨なものでした。


生まれつきこういった霊感が備わった人は
子どもの頃にすでに痛い目や辛い目、人からの酷い中傷に遭うという
言わば洗礼のようなものを受けているので
自分の中で処理してしまうか、無視をするかそれなりの対処法を身につけ
あるいは身につけざるをえなくなり大人に成長します。

小さい頃に両親に視えたものを言うと否定されたり、気持ち悪がられたり
子供の頃から人前で言うなと怒られたり、
人に話せば気持ち悪いや怖いとも言われ傷ついて育つ方もいます。
時には普通に生きていく事が苦痛にも感じ、死を選ぶ人も少なからずいます。


そうやって成長した結果「出すべき場所、人」を本能的に選ぶようになり
傷つきながらも、一般社会に溶け込む術や強烈な試練の洗礼を受けます。


生まれつきの霊感持ちと
無理に開発した人の差はココで出てきます。

こういう苦労や辛さや苦痛を知らず、無理に霊感や能力を開花しても
何年もかかって受け入れてきたり、過ごしてきた人とは違い
長い経験と苦労、社会的な認知の理解など「下地」がまるで無いんです。

+++

例えば電車に乗るだけでも人の思念だらけ
場所によっては人ごみに紛れて霊だらけでウヨウヨ浮遊。

こういうモノも感知しないのが「一般的な普通の人」です。


ところが霊的感覚が強まる、あるいは無理に能力を開花すると
電車に乗る前、乗った途端に匂いから人の思念と何でも受信してしまうので
その中で「強烈な負の感情」を持った人と居合わせてしまうと
その波長にも呼応し、人の鬱感情から悪意、
相手の持つ自殺願望が強烈に感応する時もあります。

私の場合は昔は地下鉄のホームで待つのもとにかく苦痛で
線路には近寄れない時がありました。


仕事場にいてもそうです。

生まれつき強い受信能力や霊体質な私にとって
耳を塞ごうが、ブロックしようが、人のマイナス思念はよく聞こえるわ
会社によっては「辞めたい」という社員の感情が蔓延していて
とにかく酷い悪想念ばかりで重い病気持ちや病気になった人が多く
精神的に病んで退職いく人も多い会社でした。

こういう悪想念、マイナス感情の中で仕事をしていると
社内もゴタゴタが多く、退職者が昔から絶えないと聞きました。

今は自己研磨のお陰で殆どの人が鬱病、難病、神経の病気.... etc
になっていく職場でも、毎日、人から受けるマイナス思念を落とし
毎日、出入りして残業で遅くまでこういう場所に長居する事ができたのです。

+++

地下はとにかくいろんな気や霊も溜まりやすく
強烈な自殺願望を持った人、霊、あらゆるものに感応してしまい
自分が死にたい気持ちでいっぱいになった事も
電車に飛び込みたいというか、引きずられるように引っぱられて
抑えるのが大変だった事もあります。


それでも霊感に憧れて無理に開発したいのであれば、
「お好きに自己責任でどうぞ」としか思わないですし、
昔は止めた事もありましたが、聞く耳も持たずで堕ちていったので
もう止めもしません。

自分で望んで無理に開発した結果が精神的に病んでいこうが、
狂人になろうが統合失調になろうが、重度鬱、サイコパスになろうとも
その霊感や霊的感覚に憧れ、欲した自分の欲からの自己責任です。

中には無理に開発して霊能者になって活動をした挙句、
内臓が壊れてやられ、もう長く続けられないという人もおりました。


私の知る限り、霊的な道に入らないといけない運命の人は
嫌でも拒否しても、自然にこういう世界での仕事を与えられ
時期がくれば霊能者から自分の果たす仕事を
告げられたり、嫌でもそういう場を設定され説得されたりします
(...本当に告げらるとは…orz)

そこから逃げ出したくなるような修業の日々。
遊びや映画に行きたくても行く事もできず、
ずっと仕事と並行しながら専門的な勉強漬けと実践の日々でした。
我ながらよく乗り越えたと思います。
(もう来年からは過労にならない仕事環境作り)


精神が弱いと耐えきれない事やノイローゼになりそうな程
ふりかかってきました(私の場合)

「自分の欲望で欲して無理にした能力開発」

その結果で招いた代償が隣人、身内、友人、貴方を思うパートナーにも
行く場合もあります。

日常が私のように霊的な事や不思議な事が多すぎると
反対に普段は精神世界に興味が持てなくなり
普通に友人と遊ぶ際は、話題にもしたくなくなる時もあります。


「何か視えて楽しそう」

「見えない存在と話せて楽しそう」

「少し先の未来が視えて羨ましい」

というような憧れる世界では無いと理解できると、
まともな神経の人だと思います。


周囲に迷惑をかけない覚悟と責任能力が無いと、
霊感の無理な開発は、自分の身を危険な状態にする
本当に危険極まりない行為です。

2013/12/27(金) | ☆精神・霊世界の事 | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |  »