死後のお迎え【2/2】

死後のお迎え【1/2】の続きで、
今回は私が見た光景のお話になります。


もう10年以上も前の話になります。
当時も本業(デザイナー)で日々の生活をしていたのですが、
ある寒い冬の日、母の兄弟が自宅で突然亡くなりました。

まだ50代という若さで、兄弟でも一番の末っ子だったため
突然の訃報に悲しみと混乱を起こしていました。

その頃、私の方は仕事が忙しい時期で
両親は弟の葬儀に出席しますが、
私は実家からは離れて暮らしていたため、
行けそうにない状態でした。

「突然死」という事が身内にとってとてもショックな様子でしたので
「成仏できるのか」という心配もあったようです。

その頃、ちょうど師匠の身内の方で
霊と交信できる方が海外から戻ってきた事もあり、
この件をお話したところ、突然死の叔父と交信してくれる
という話になりました。

亡き叔父との交信は簡単に説明しますと、
叔父は寒い冬の明け方に部屋で頭から血を流して倒れて亡くなっておりました。
その事は話していなかったのですが
叔父が最後に見た光景(部屋の天井)とその様子をお聞きしました。

叔父は倒れて亡くなった後、
幼少の頃?に仲が良かったお友達(亡くなっている)と会え、
その子達の名前を呼びながら「ああ、もう寒くない。」と言い、
光のある方向に進んでいった事、
無事に上(死後の世界)に上がっていった様子を聞きました。

さて・・・当時悩んだのは、
叔父が無事に上に上がってった事(成仏)を
どう(霊話に免疫の無い)家族に話すか...です...^^;

少し悩みましたが、ちょうどお葬式の日。
私は仕事で行けませんので、とても簡単な内容にして
叔父は上に上がった事を、葬儀が始まった頃あいに両親に伝えました。

この日は仕事(本業)で残業をしており、
少し人と離れた席で黙々と一人でこなしていました。

すると耳元で・・・


「ありがとうな」


(゚Д゚)はい?


普段、とても無口だった叔父の声でした。


それと同時に目の前の現実の世界が急に遠ざかり、
現実とあっちの世界(あの世)の間のような、
真っ白な異空間に意識が勝手にシフトしました。

亡くなった叔父がとても嬉しそうな顔でこちらを見ており、
その向こうでは亡くなった親戚(遠縁で知らない方々)、
叔父の友人、そして10年以上も前に亡くなった祖母、祖父(叔父の両親)が
何人も揃って笑顔で叔父を迎えに来ている姿。

その光景が真っ白に光り輝いていました。


(゚Д゚)おお・・・。


そして叔父を迎えに来た皆さんは叔父を迎え入れ、
こちらには笑顔でお礼と手を降りながら、
とても小さく(遠く)なった頃に


( ゚д゚)....ハッ!



周囲の仕事仲間の声もハッキリ聞こえる
現実世界に戻りました。


(゚Д゚)おお・・・残業の量は減っておらん(←当たり前w)


後にも先にも勝手に意識があっちの世界にシフトしたのが初めてでした。
迎えに来た家族の感情もこちらに流れて来たので
とても感動的なシーンでもありました。

今回のMさんの祖母と祖父のロマンスに感動して
萌え死した気持ちがわかります。

あのお迎えの光景を思い出すたびに、
私が誰かを迎えに行く事になった時は
「今回の人生、お疲れさまでしたw」って言おうと思う次第です。

迎えに来られる側なのかもしれませんがw

2020/03/14(土) | ☆精神・霊世界の事 | トラックバック(0) | コメント(0)

死後のお迎え【1/2】

先日、亡くなった人を死後の世界から迎えに来る光景を見た、
という話を友人Mさんからお聞きしました。

友人Mさん(以下、Mさん)は石のエネルギーに過敏に反応したり、
霊的な世界が見える人ですが、亡くなった人を迎えに来る光景は
今まで見た事がなく、その光景がとても素晴らしいものだったそう。

日頃は、(私も含め)亡くなった人、霊から話しかけらたり、
どなたかの守護霊の愚痴や困り事を訴えられても
あまり聞かないようにするか、私の場合は聞き流しています。

理由は簡単で日常生活において、生前の愚痴や
対象の人に頼まれてもいない事を「誰それに伝えて欲しい」
と言われても困るのです。

人によっては受け入れることができず怖がる事もあるでしょうし、
親切心で伝えたとしても、それが余計なお世話だったり
赤の他人には知って欲しく無い事や怒りを買う事もあります。

生きている家族からプライベートな話を聞かなくてはいけないしで
伝える事で、ご家族が大騒ぎになる可能性も考え、
Mさんは悩んでストレスを溜めていました。

個人的にはいくら亡くなった身内だからと名乗られても
霊からのメッセージを勝手に相手に伝える事は
しないようにしています。

こういった事は(生きている人から)依頼されてから、
初めてコンタクトを取り、霊がお伝えしたい事を聞く事ができれば
その時にお伝えするというスタンスにしております。

昔はそのまま守護霊や亡くなった人からの伝言として伝える事もありましたが、
伝えても注意を促すメッセージに反発を持つ人、
聞く耳を持たずに堕ちていく人、逆恨みをする人間も多々おりましたので
(私が注意を促しているわけではないのですが・・・)
そういった経験から「余計な事はしない」というスタンスに変えました。

Mさんは鑑定など霊的な仕事をしていません。
ですから、亡くなった後に伝えたい事があっても自分のところではなく、
専門家のところに行って欲しいと思うわけです。

+++

その頃、Mさんのかなり遠縁の方で血縁関係の無い方が亡くなりました。
この方も亡くなってからMさんの所に姿を現したそうです。

交流の無かった遠い関係の場合、その人の家庭や事情がわかりません。
人や家族から聞いていた話と、霊本人の話が食い違う事も多く、
生きている家族からプライベートな話を
聞かなくてはいけなくなります。

自分が伝える事で家族が大騒ぎになる可能性も考え、
霊からの伝言を伝えする事に対してMさんは悩んでいました。
そんな状況の中で、遠縁の亡くなった祖母がMさんの前に出てきたのです。

Mさんが生前に祖母を見たのは
だいぶんお年を召してからで、車椅子で生活する状態だったそうです。

その祖母が亡くなった時、
先に亡くなった祖母の旦那さんがMさんに挨拶に来られたそう。

挨拶に来た時の祖父は高齢おじいちゃん。
しかし、祖母のお迎えモードになると、
まるでデートに迎えにきた若い男性そのものだったそう。

祖母を待つ祖父の容姿があまりにも素敵だったらしく
モエェ(*´Д`*)ェエ工←萌え死したMさん。

あちらの世界で祖母を待つ祖父の姿は若い姿に変わっており、
ビシッとスーツ着こなし、驚きのカッコ良さ。

亡くなってすぐの祖母は自分が、亡くなっている状況が分からない状態で、
迎えに来た祖父は、祖母が落ち着くのを待っているイケメンだったそうです。

そんな祖父の祖母への愛しい感情もMさんに流れて、
祖父と祖母のロマンスに感涙し、まるで映画のワンシーンようだと、
しばらく萌え死してたそうです(笑)

+++

祖母と祖父の間には娘さんがおられたそうですが、
祖母よりも早く亡くなり、亡くなった後は
「自分の母親(=祖母)を迎えに行く」と言っていたそうですが
祖父は「自分が祖母を迎えに行く」と、あっちの世界で言い合っていたそう。

亡くなった祖父は、実は祖母とゆっくりと2人で会いたくて、
まるで久しぶりのデートをするように若い姿に変えた祖父は
素敵なスーツを着て祖母を迎えに行ったのだ、という事を理解し、
余計に死後のロマンスに萌え死にまくっていたMさんでした。

+++

この話をMさんから聞く前、
実はブログ記事にしようかと考えていた話があり、
状況は違うものの、あの世からのお迎えのお話なんです。

ずいぶん前の話なのですが、私がみた光景を
そろそろ記事に書こうかなぁと思いつつ、
忙殺されていたところに今回のMさんからのお話を伺いました。

それもあり書くタイミングだと思い
記事にしました。

次回(3/14)死後のお迎え【2/2】に続きます。


【information】
マクラメ編みペンダントの新作を数点アップいたしました。
よろしくお願いいたします(✿´ ꒳ ` )

Cantarton


2020/03/07(土) | ☆精神・霊世界の事 | トラックバック(0) | コメント(0)

2016年☆月と木星が大接近した日とエネルギー変化【後編】

前回からの続きです。

翌日は体への酷い重圧感や圧迫感が消え、元の重さになりました。
重圧感と耳閉感が少し残りますが、振動もほとんど消えました。

木星の重力は小惑星や彗星の破片を
地球に衝突するのを防いでいるそうです。

落ちた場所は大災害が起きる可能性がありますので
ありがたい星でもありますけど…けど…。

重さや感覚が異常でかなり辛かったです。
MRI検査に行こうかと真剣に考えたほど…^^;;;

惑星の位置が大きくエネルギーが変わるんでしょうね。

数年前から地球に届くいろんなエネルギーの質が
大きく変化を起こしているのは感じていましたが、
その中にはマイナスエネルギーもあり、
それに反応している人も増え続けていますね。
おかしな事件や暴動が世界的に増えていると感じている人は多いと思います。

数年前からスピ業界で騒がれていた次元上昇(アセンション)とは
肉体、精神、感情、自分の出す周波数、霊的にも
自分自身を上げて変化させていく内的な変化であり、
今まで自分のレベルをあげて来なかった人は
さらなる地球のエネルギー変化についていけなくなるようです。

常に暴力的やネガティブな感情に支配され、エゴに支配され
日常的に愛の無い、低い波動にだけ感応し、
同じように低い波動を出し続けていた人は取り残されていくそうです。

愛や光という綺麗なスピ世界しか言わなかったスピワーカー、
闇や裏の部分にはわざと蓋をしてるのか、見ないようにしているか、
綺麗事だけを言いならべ、現実を見ようとしてこなかった人、
そういった人はこれからも変化についていけず、
これからは次第に置いてけぼりなんだそうです。


闇があってこそ光が存在します。

夜空を見れば星々や月や火星やいろんな星が輝いて見えるのは
闇があるからこそ光輝く姿。
肉眼で見えますよね。

スピ界では光や愛、委ねて許す…といった「天使に全てを委ねましょう」
「あるがままを受け入れる」は、いわば自分の人生の問題を他人任せ?
現実問題に打ち当たって苦しんでる人にも本気でそうアドバイスしてるのかなと
昔、疑問に思っていました。

さんざんそんなワーカーの裏の顔を見てきた私には
甘スピは嫌悪感しか感じませんが、
美しい言葉しか言わないスピワーカーはたくさんおります。
個人的には自分の人生は自分でつくるものだと思います。

個人的には一時的でも慰めが欲しい人もいますから
ハマるも自由ですし、自分とは全く違う世界の人と言う感じです。

あのワーカー(または霊能者・占い師)は本物でしょうか。
といった質問も、実は過去からかなり多かったのですが
判断はご本人が調べるなり、交流して自分で判断すべき事だと思います。

どんな力のある霊能者、占い師が鑑定して答えを出したとしても
その後の選択を決めるのは自分自身です。


私の場合は鑑定や霊気講習で、答えはお出ししてますが
常連さんになった人ほど、その人が考えなければならない部分、
自分で判断していく段階に登った人には答えはそのまま出さず、
わかりやすいヒントでお出しする事もあります。

自分自身で考えて判断していく事の積み重ねが自立心となり、
人に答えを出してもらわないと判断できない状態や
鑑定や占い依存に陥らなくなります。

考え抜いても、調べても答え(結論)が出ない事を
人や鑑定で聞くのとは全く違いますので誤解なきようお願いします。

+++

エネルギーの大きな変化は人の肉体やメンタルにも
大きな混乱や変化を起こしていきます。

地球を助けようとしている視えない存在もいれば、
破壊活動をしている存在もいます。

他人が悪いという意識の人、常に誰かを攻撃しなければ気が済まない人、
重度の精神疾患、犯罪に手を染めた人、感情が不安定な人など
私の日常生活では直接の接触はなくなりましたが、
周囲にとても増えています。

こういった低い波動は地球や地域にどんどん溜まります。
雨や雷雨、暴風雨で流しても人がずっと出し続けてる限り、
すぐに溜まっていきます。
産業廃棄物レベルの低い波動が溜まっていってる状態です。


チャネリングできる人、霊感や霊能力ある人は特殊、
羨ましいと私もよく言われました。
(実は嫌いで苦手な言葉です…)
私の経験話を聞けば、憧れなど全く無くなる人が殆どですよ。

でもこんな能力なんて、現実世界では自分を犠牲にしようとも、
何十人、何百人と助けようとも、満身創痍に貢献しても
世間では「胡散臭い」という裏の仕事です。


一般社会では評価されなければ、公に功績を認められるような
表舞台の仕事ではありません。
一人前になるまでに厳しい修業だの訓練の日々など…。

人生を普通の人のようにエンジョイ♪したいのに
それが普通の人のようにできないという面も多い世界です。

私の経験から言えるのは凹んだ気分、嫌な気分が続いたりする人は
気分の切り替えする事を覚えていきましょう。
沈んでいると自分自身のオーラも波動も落ちている状態で
落ちるとそれに似たような波動の人やモノを寄せてしまいます。

明るい波長の音楽を聴くとか、映画を観るでも良いですし、
お笑い番組でも見ませう。
心からの笑いは人の波動を上げる妙薬ですから。


苦労した事や表に出ない人を助ける仕事の功績、
愛ある霊的な活動の功績は人の本来の魂の故郷である
「あの世(霊的世界)」で、もっと上の存在に
正当でかつ大きな評価をされているのだそうです。
(出典/チヨさん)

死後が楽しみですわwww


【7/26(明日)、霊気関係の無料セッションご案内の記事をアップします】

2016/07/25(月) | ☆精神・霊世界の事 | トラックバック(0) | コメント(4)

高野山密教瞑想法

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2014/06/22(日) | ☆精神・霊世界の事 | トラックバック(-) | コメント(-)

瞑想法2

瞑想法1の続きになります。

数分の「短時間瞑想」ができるようになった後、
次に思いついてやってみた方法は以下。


【音楽を聴きながらの瞑想】です。

歌詞のない静かに流れるような音楽で、
寝オチ防止のために最初は大きめのボリュームにし、
音のみに意識を集中します。

そうすると余計な事が浮かばない事が多く、
音に意識や周波数を合わせる事ができます。

…特に私の場合は、集中して瞑想中に誰かを思い出すと

その人について視えてしまう...orz

低級霊・高級霊の気配をすぐに察知や視える...orz

金縛りに遭う...orz

高次の存在に話しかけられて答えてしまう...orz


という事ばかりで「瞑想できんがな」という状態でした。
これも何も考えない瞑想をやりにくい原因でした。


それを解消するために考えたのが
霊視防止の為の「音を使った瞑想」は
非常に効果的でした。


最近ではサウンドヒーリングの音や自然の音や
水晶の音(倍音)の販売もしているので
それらを使用しても良いでしょう。


音を使った瞑想法は私の場合は
次第に「音」がわずらわしくなってきたので
かすかに音が流れてる程度に、ボリュームを下げていきました。

音は、気分によって変えた事もあり、
次第とその音楽を思い出すだけで、
瞑想時のような落ち着きを思い出すようにもなります。

音を使って、瞑想で脳内に記憶として
すり込ませていたのだと後で分かりました^^;

+++

瞑想の時間を長くすると同時に困ったのが

「自分の意識の置き場」

内側に向けるのか、自分の周囲(外)へ意識をするのか

(´・ω・`) どっちにしたら? 

と迷いました。


内側に向けると、ハイヤーセルフに繋がってしまいウルサイ。

外側に向けると、霊や高次の存在に話かけられて困ります。

結局それは、私の場合は「気分で決めました」←こればっかり(笑)


音の旋律のみに集中するときや音のみに集中。

全く何も考えないようにしたり、
意識の置き場を自分の中心の奥にしたり。

そのうちにチヨさんより教えてもらった瞑想方法を
「('A`)こんな方法あんの?」と、疑いつつもやっていました(笑)


師匠に教わった「色を入れる瞑想法」もあります。
※石を使った瞑想法です。

球に包まれるイメージや、何も考えない状態にしてみたり
ネットや本や聞いた話をいろいろ試してみました。

後はそのときに思いついた方法などを気分次第で試して
自分に合う方法を掴んだ感じです。

後はいろんなHPや本があると思うので
参考にして試してみて自分に合うので良いかと思います。

今回、ご紹介をしたのは「すぐに寝てしまう」という
瞑想の初歩で難航している方への練習法です。

【参考記事】
高野山密教瞑想法

2014/06/02(月) | ☆精神・霊世界の事 | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |  »