秋の京都☆2016

前回の「秋の高野山☆2016」の続きの夜の部は
京都まで飛びまして、京都の夜の紅葉ライトアップです。

…一体、何の罰ゲームだ…

というくらい歩かされたので足の関節はずれそうでした。
無論、翌日は筋肉痛…。
腰痛も来たよママン。

今年は冷え込みがほとんどないので
京都の紅葉は期待はしていませんでしたが
裏切らず、茶色が多かったです^^;

高野山がメインだったので満足してます。


清水寺は修理工事をずっとしていたのですが
まだところどころ工事中。

入口の仁王門あたりも通行止めの道もあり、
入ってすぐにある三重塔は工事が終わっていました。

今回、夜景ですが三脚は不可ですので
ところどこりボケております!!!!
いろいろ工夫して撮影しました。


1611_kiyomizu01.jpg
満月前日。


1611_kiyomizu02.jpg
清水寺は毎年ですがすんごい人出です。
ちょうどライトアップが始まった週の休日だったので
まだ少ない方でした。


1611_kiyomizu03.jpg
清水の舞台から音羽の瀧を見下ろす。

清水寺に来てる割に、私はこの滝に並んだ事が無いので
あまり知らないのですが「黄金水」「延命水」と呼ばれ、
諸願成就や恋愛に効果があるなどでも人気。
ご利益を受けたい人の大人気スポットです。

でも注意書きを見ると滝の奥は不動明王を祀ってるそうなので
恋愛は違うのでは…。


1611_kiyomizu04.jpg
本堂を参拝する人。

奥の光の下は出世大黒神の後ろ姿です。
過去記事の中間あたりにその姿があります。


1611_kiyomizu05.jpg
毎年、紅葉以外も一部をライトアップ。


1611_kiyomizu07大
清水の舞台


1611_kiyomizu06大
見るたびに、これだけの人が乗って
よく壊れないなぁ・・・って思います。


久しぶりに休日に仕事をすることなくフルに休む事ができたのも
何カ月ぶりでしょうか。
このあと、本業も依頼もまた一気に増えるのですけど.....^^;

ちょっとくらい休んでもバチは当たりませんてー!

過去の秋の清水寺の撮影はコチラ

記事数は多いのでとりあえずリンクは1つ。
この年はアタリ年でしたなぁ…。

そして12月に突入してた事に驚愕してますwww
1年が早い…。

+++

霊符を何度かご依頼いただいた方が
良いパートナーが見つかり、結婚まで辿り着いたとの話が届きました^^

途中、不安から鑑定のご依頼もありましたが、
気をつける点はありましたが、相性は文句なしに良い方でしたし、
心配だった持病も大丈夫そうでした。

その後、お付き合い開始から結婚まで
不思議なほど早いスピードで進んだとの事でした。

霊符の吉報はいろいろ届きますが、
改めて記事にする事が少ないので
今回は載せてみました^^

(*´ω`*)おめでとうございます〜☆
末長くお幸せに^^
とても嬉しいお知らせでした^^

2016/11/30(水) | ★京都 | トラックバック(0) | コメント(2)

京都☆嵐山のライトアップ

比叡山の後は、あまりの寒さと
下山後はこの地域の寺社は昨年に行ったところなので
すっ飛ばして、京都の嵐山のライトアップ。

嵐山はいつも人が多いので、避けがちでしたが
久しぶりに行ってきました。

比叡山よりは温かいですよ〜。

141214_arashiyama01.jpg
ライトアップ前に集まる人達


141214_arashiyama02.jpg
ライトアップ後は混雑防止のため、一方通行になるのです。



141214_arashiyama04.jpg
青色のライトアップは違う意味でムーディ(笑)



141214_arashiyama05.jpg
2色のライトアップ


141214_arashiyama06.jpg



141214_arashiyama03.jpg
竹林を抜けると明かりが灯る道(^ω^)


141214_arashiyama07大
ライトアップの竹林の中


141214_arashiyama08大
嵐山のライトアップと夜の人


141214_arashiyama09大
凄い人で、彼が新しいカメラの設定を間違えていた事が
通り抜けた後に発覚。

もう一度、迂回して最初に戻って撮影する羽目になる(;^ω^)


141214_arashiyama10大
2週目の方が人が多く、道にぎっしりです。
撮影が人を入れない構図にするのが大変でした。

寒い中、途中で出店の豚汁やおでんの温かい匂いがして
その日は早めに帰宅できたので
温かい「力うどん」を作りました。

家で食べるのが好きな彼…。
今の家が一番ホッとするからと、どんなにお腹が空いてても
家で食べたがるのです…。

…私は空腹に負けて、その場でホクホク食べたいんですが…。


余力があって早く帰宅できれば作れますけど、
撮影に出た時はバテバテで真夜中0時の帰宅も多いのです…。

今回は早めに帰宅できて、
(^人^)温かいうどんは美味しゅうございました。

ホッとできて元気が出るよう、
お餅、ネギ、薄アゲ、半熟卵のうどんにしました。

2015/01/21(水) | ★京都 | トラックバック(0) | コメント(2)

京都☆貴船神社

奈良県で撮影後、すぐに京都の貴船に連れていかれました。
秋の紅葉の季節の夜の拝観。


叡山電車の展望列車『きらら』の
展望シートに初めて座れました。
この季節の京都は夜でも凄い人出で観光バスも外国人もいっぱい。

紅葉がライトアップされいる場所を
スピードを落としてゆっくり走ってくれるのですが…



1412kibune01.jpg
カメラを普段の夜の撮影設定のままで撮ると
こーなっちゃいます。

観光バスが優先されるため、
貴船口から出ているバスはいつもより手前の場所で下車。

さすがに夜は冷え込みます。


1412kibune02.jpg
貴船神社 入り口



1412kibune03.jpg
階段。
今日は人が多いわ〜



1412kibune04.jpg
ひとしきり参拝を終えた後。



1412kibune06.jpg




1412kibune05.jpg
貴船口駅の紅葉のライトアップ



1412kibune07.jpg
この季節は寒すぎて川辺で食事をする人がいない代わりに
川にはライトを点々と置いていました。



1412kibune08.jpg
鞍馬山への橋。

+++

貴船神社は呪いや怖いとよく言われる神社で
ネットでも「霊感の強い人が行かない方が良い」というのも見ましたが
私は昼も夜も平気で行ける場所。

過去に関東の友人からのリクエストで何度か案内したり、
初めて合う知り合いと待ち合わせ指定されたのも貴船口駅。
そこから貴船神社に参拝に普通に行けました。

殺したいほど憎い相手に向かって
真夜中に藁人形を打った後の木もありますし、
ここの神社は縁結びと言われますが
古くから伝わる話も厭魅や呪詛系が多いのです。

確かに空気が一変する場所もあります。


…たくさんの視線が行きも帰りも気になった
途中の暗闇の山林を写すと、いろいろと写り込んでいました。

今回は奥の院はパスして下山です。

たくさん歩き回った日。
行きも帰りも余裕で座れて帰る事ができました(^ω^)

☆過去の貴船神社の撮影です☆
京都 ★ 貴船神社

京都 ★ 貴船神社1   京都 ★ 貴船神社2

貴船神社の水に関する記事→ルルドのお水


2014/12/17(水) | ★京都 | トラックバック(0) | コメント(4)

2014年☆秋の京都

20年来の友人と一緒に京都に行ってきました。
前の週が雨になり、晴天の日に行きたいなと思い、
予定をずらして翌週に変更。

暑いほどの晴天でした。

この日は妖怪討伐に向けて、あるモノを作らねばいけないので
私の用事の場所と、後は友人用にと…マップを見ながら思案していると
どうも「縁切り/縁結び神社」ばかり、目に付くのです…。

友人は「お任せする」という事で
結局、縁結び神社を巡る旅になっていました。

+++

合流してからの友人の話を職場の話を聞いて納得。
なるほどそれで縁結び/縁切り神社なのねと思いつつ、
最初に下鴨神社から歩いていける
とても小さな縁結びの神社からスタート。

小さすぎて観光客も来ない場所。
ここはとても縁を結ぶに良い神社なんです。

写真は未公開です。


141116_shimogamo01.jpg
そして下鴨神社にも行きました。



141116_shimogamo02.jpg
以前はもっとあった、みたらし川の水
少なくなっていました。


141116_shimogamo03.jpg
毎年ですが秋の京都はすごい人出で
良い角度を狙おうとしても必ず人が入ります。

それもあり、私の用事以外の場所は人が来ない所…
異界ばかり行ってきました。

いろいろ考えてスケジュール組みしたら、そうなっちゃったので^^;


141116_shimogamo04.jpg
下鴨神社の少し奥の目立たない場所を友人が見つけてきました。
この場所でちょっとエネルギー酔いでフラフラに(;^ω^)



141116_shimogamo05.jpg
糺ノ森を馬車が往復というイベントをしていました。

ここからが私の用事でして、
妖怪討伐に、ある特殊な霊符を作らねばならなくて…

だけどもう堕ちて行ってるのは目に見えてるし…

友人から強い後押しで作りましたよ。
ただ観光客が多くてあまり集中できませんでしたが、何とか作りました。
あまりの人の多さに心が折れていたのです(ΘωΘ)



141116_shin01.jpg
本日のメインの仕事を終えてホッとした後の撮影。



141116_shin011.jpg
3色カラーを見る事ができました。



141116_shin03大
妖怪討伐がなければ、紅葉も心底楽しめましたのに〜。



141116_shin011.jpg
ちょっと適当にシャッターを押してしまいました。
なんせ緊張する長年の案件でしたので。。。



141116_shin05大
この辺の紅葉は少し褪せていましたね。
毎年、紅葉は気温でカラーが変わるので
紅葉の当たり年はすごい人出になります。

+++

この後も少し道に迷いましたが、スケジュールは全て踏破。

「行ってはイケナイ時」はその場所にはどうやっても辿り着かないので
全部を回る事が出来て良かったです。

+++

妖怪討伐は完全終了はもう少しかかりますが
私の大きな案件は無くなり、肝心の部分は無事に終わりました。

討伐の件は少しmixiに限定で記載していますので、そちらでね。

妖怪女の今までしてきた事に怒り、
協力していただけた方もたくさんおり、
前日からも応援メールがとどき、リョウさんからはお笑い画像で
緊張が無くなり、笑いすぎて危うく戦意喪失までするところでした(;^ω^)

その他にも知る人からメールをいただいて心強かったですよ。

心強く望め、相手を容赦無く倒す事ができました。

まだ全部は終わっていませんが、いくらあがいても
嘘で繕って逃げても無駄ですわ。
そのように仕立て上げたモノが許さないと思います。


無事に終えれましたが、師匠にも「まだまだ優しすぎる」と言われ
これでも結構な怖い話でがんばったのですよ。

そりゃいろいろ塵にしてしまう師匠から見れば甘いかもしれません。
また恐ろしいモノまで作る事になったので。。。

送ったアクセサリーの写真は「眼福ですね」と言われ、
何か楽しんでるようでした。

あのアヒルが1番気に入っていたという話を
知り合いのカメラを勉強中の方に言ってしまわれたそうです。

後押しや協力していただいた方々に
チヨさんともどもとても感謝なのです(^人^)

呪詛や妖怪の話を聞いてもドン引きしなく
付き合ってくれる強気で押してくれた強気の友人にも感謝です。

この日は「いつかの忘れない日」にします。

そして私は来年も、また別の討伐に出てると思います。


2014/11/29(土) | ★京都 | トラックバック(0) | コメント(4)

京都☆陸上自衛隊☆福知山駐屯地【後編】

京都☆陸上自衛隊☆福知山駐屯地【前編】の続きです。


1410_hukuchiyama21.jpg
ちょっと襟足に見惚れてました(о´ω`о)



1410_hukuchiyama22.jpg
装輪装甲車



1410_hukuchiyama23.jpg
陸上自衛隊ラッパ手

ラッパは毎日、起床ラッパ、点呼、食事、国旗掲揚から
訓練開始、消灯まで、各作業ごとに決まった音色を
担当がマイクの前で鳴らすそうです。


これから模擬戦闘に入ります。


1410_hukuchiyama24.jpg
模擬戦闘訓練の前にヘリが飛んできました。


1410_hukuchiyama26.jpg
模擬戦闘ですが、敵や周囲の状況を正しく知るための視察です。


1410_hukuchiyama27.jpg
民間人をラチした敵がいる建物の周辺を部隊が待機


1410_hukuchiyama28.jpg
建物内に警戒しながら近寄り突入



1410_hukuchiyama25.jpg
別の位置で待機していた部隊も突入


1410_hukuchiyama29.jpg



1410_hukuchiyama30.jpg


1410_hukuchiyama31.jpg
バイク部隊も出てきました。


1410_hukuchiyama32.jpg
砲迫部隊。


1410_hukuchiyama34.jpg
その後ろでも早々に迫撃砲を組み上げており、
射撃準備をしていました。


1410_hukuchiyama33.jpg
全ての部隊が同時に各準備を指令通り
手際よく確実にしていきます。

1つでも遅れやトラブルがあると
作戦や任務の失敗に繋がります。


1410_hukuchiyama35.jpg
重迫撃砲の用意が完了で発射準備に入っていました。


1410_hukuchiyama36.jpg
発射を合図があり・・・




1410_hukuchiyama40.jpg
発射!

この爆撃音がすごい音で、お腹まで響きました。


1410_hukuchiyama37.jpg



1410_hukuchiyama38.jpg
負傷をした隊員を救急車に乗せています。


1410_hukuchiyama39.jpg
仲間を運びこんだら、また戦場へと戻りました。

+++

国や人を守る仕事をする人は、毎日が訓練です。

国家レベルの指令がくだれば危険な戦場や被災地域に行かないといけませんし
二度と家族の元に戻ってこれない事もある仕事です。

自衛隊の意味を知らず批判、悲観をしている人も見かけ
複雑な気分になりましたが、
私は何十回も恨みや嫉妬、愛憎、生きている人に
ダイレクトに刃物や凶器、鈍器、呪詛で殺されそうになったり、
死にかけた経験が数え切れないほどあります。

恋愛感情から愛憎になり、精神異常が酷くなり、
どう優しく対応しても相手の気が狂っていき、
刃物を突きつけられ、何度も刺されそうになった事。

暴行や刃物で何ヶ所も刺されて血痕や打撲後が残ったままなので
夏なのに隠せる長袖で、翌日に仕事に行った事も何回もあります。

恋人だと名乗る男に、自分の問題を解決せずに溜まった鬱憤の
人を呼べない空間で監禁されて暴行されたり、
監禁の上に言葉の暴力の日々や八つ当たりで首を締めて殺されそうになった事、
病気であの世に行きかけた事や、一歩間違えればトラックに轢かれそうになった事、
嫉妬が酷くなり妄想で気が触れた人のストーキングやら、他にも色々ありますが、
今、生きてる事が不思議なくらいな経験もたくさんしました。

こういう人間に、甘いいたわりや優しさなど通じないのです。
もう気が触れているのですから。

そうして相手の脅迫に恐れず真っ向で戦った後、
DV男の行く末は堕ちるだけ堕ち、お似合いの結末でした。

本当の生死の境目を何度も経験したので、
自分の身は自分が強くなって守ろうと何年かかけて守るための努力しました。

随分と前の話を思い出して、ふと懐かしく思いました。

+++

自衛隊は災害被災者を助ける事も目的としています。

往復のバスの案内をしてくれた自衛隊の方も
丁寧でキリっとしていました。

+++

先日からある討伐予定の妖怪化した女の犯罪行為を眺めていただけに
気持ちの良い人と接する日が、なんだかホッとしました。

今年の終盤は大きな事の決着をつける時期。
私もこの勢いに乗りたいと思いました。

今月は大きな戦いには、こんな勢いで逝ってきます。
うちのバックがそうなっていたので。


2014/11/15(土) | ★京都 | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |  »