修理・リメイク(K様)

前回、リーディングオーダーを受けたと同時に
Kさんより修理の依頼がどっさり来ました^^;

改めて拝見すると、どれももう5年以上は経過したものや
カンタルトンが出来立ての頃に制作したブレスレットなど
本当に懐かしいものばかりでした。

経過年数の割りに綺麗にお使いになれてた感じで、
今回は弱った石、力の無くなった石の交換をして
修理・リメイクを完成いたしました。

【修理①】

Ksama_before_remake_1.jpg

修理前の画像です。

このブレスレットはいつ頃だったか・・・。
Kさんが別の受験かで依頼した頃の物だったとか。。

昔はリーディングオーダーは記事にしていなかったので
記事としては残っておりませんでした^^;

▼修理後です。

Ksama_remake_1.jpg

ラピスラズリがスカスカになっておりましたので
今回はサファイアに交換いたしました。


【修理②】

Ksama_before_remake_2.jpg

こちらはもう10年以上前、
カンタルトンができて本当に間も無い頃に
お作りしたブレスレットです。
ですのでコチラも記事としては残っておりません。


▼修理後です。

Ksama_remake_2.jpg

黒い石はブラックトルマリンです。
このタイプの石はもう手元に無いので
懐かしく思いました。


【修理③】

Ksama_before_remake_3.jpg

こちらもリーディングブレスレットです。
コチラは記事が残っておりました。
2012年制作分ですね。

あの頃から修理を兼ねたリメイクしているので
オレンジガーネットに変更しております。


▼修理後です。

Ksama_remake_3.jpg

インカローズがへばっておりましたので
石のエネルギーを回復させて完成です。

▶︎制作当時の記事


【修理④】

Ksama_before_remake_4.jpg

こちらも懐かしいブレスレット。
このタイプの物はもう制作していないですね^^;
この当時はマクラメ(ヘンプ)の紐が硬いものしか出回っておらず、
今のような色や太さのバリエーションが無かった頃です。

コチラはショップに出す前に
霊体質の友人の相談を受けて制作をして旅立っていったので
ショップに出す数が無かった記憶です

2014年に制作でした。
▶︎その当時の記事


▼修理後です。

Ksama_remake_4.jpg

こちらは石自体がダメになっておりましたので
ご予算の都合上、ストラップにリメイクいたしました。

黒水晶、パイライト、ラピスラズリ。
色が変化した石はホワイトオニキスとハウライトです。

+++

同じ組み合わせのホワイトオニキスとハウライトのブレスレット
少しだけ残っていたのですが、
今月、たて続けて売れてしまいました。

あまり動かないブレスレットだったのですが、
たて続けて数個旅立って行きゴムタイプは販売終了となりました。
今後は制作予定はありません。

あと1セットだけ制作できそうな量がありますので
4月の新作でマクラメブレスレットで出そうかなと思っております。


【Information】
昨年末から本業とご依頼がとても増えており、
また今月は家人がひどい風邪で看護にも追われておりました^^;

かなり回復させたのですが、アレコレと別件が発生しており、
新作アップが難しいかもしれない状態です。

個人的には遅くとも5月初旬にはアップしたい気持ちはありますが
数個だけアップしても・・・という気持ちもあり、
ショップのお知らせにありますように
次回は未定としております・・・。


☆次回は4/21記事up

2021/04/07(水) | ☆修理・リメイク | トラックバック(0) | コメント(2)

修理・リメイク(A様)

新年の最初は修理の記事になりました。

いつもオーダーをいただいているAさんより
ペイソン・レムリアン・ダイヤモンドの
リメイクのご依頼でした。

それと以前にオーダーいただいた際に
おまけでおつけしたストラップの修理です。

まず修理前の状態です。



190820_peison_remake_Asama_01.jpg

ペイソンのマクラメ編み分です。
仕事柄、腕がこすれる事がとても多いそうですので
どうしても摩擦で切れてしまうようです。


190820_strap_repair_Asama_01.jpg

ストラップは摩擦する場所ではないようですが、
こちらも切れてしまったようです。

マクラメも摩擦や負荷の多いアジャスター部分は
ほつれてしまいやすい場所になります。

通常のアクセサリーよりは耐久性がありますので
あまり衝撃の強い生活環境ではポケットや
カバンの内側につけるなどをオススメいたします。


ストラップの修理完成です。




190820_strap_repair_Asama_02.jpg

赤く光っている石はアンデシン、
グリーンの石はドラゴンブラッドジャスパーです。

AさんはCantarton2号店でも
ドラゴンブラッドジャスパーをお気に入りになられたようで
他のブレスレットもお買い上げありがとうございます^^

同じ石のオーダーでしたので、贈答用かと思いきや、
ご自身用だったようです。
兄弟分としてコンビでご使用との事でした。

一緒にご購入いただいたブレスレットも
力仕事時にパワーが出る感じがするとの感想をいただき
嬉しい限りです^^



そしてペイソン・レムリアン・ダイヤモンドの方は
ブレスレットからペンダントへのリメイクのオーダーでした。


完成です。



190820_peison_remake_Asama_02.jpg

薄曇りの日に撮影をしたのでぼんやり撮影になりましたが
トップにペイソン・レムリアン・ダイヤモンド、
乳白色の石はメタモルフォーゼス、エンドにはアンデシンです。

最初にオーダーをいただいた頃のAさんのお話はコチラになりますが、
この頃は職場では、モンスターパートに苦しみ、
ご実家でもとても大変な状態でした。

そのあと、1年以上も悩まれていた転職を決意をされ、
今年も身内の方のご病気で生死を彷徨うといった
大変な事がありましたがなんとか持ち直されたなど
紆余曲折はありましたが、落ち着いた感じのお話をいただきました。

ご家族の病状がひと段落ついた頃、
またお好きな旅行に出てリフレッシュしていただきたいと思います^^

2020/01/25(土) | ☆修理・リメイク | トラックバック(0) | コメント(0)

修理・リメイク(U様)

今日は修理の記事です。

以前、オーダーいただいた
ペイソンレムリアンダイヤモンドのブレスレットの一部が
切れてしまいそうになっており、修理のご依頼が届きました。

修理でマクラメを分解した写真しかありませんが^^;


修理前




190907_remake_before_usama_01.jpg

ペイソンを取り出した後に
撮影したものです。

今回はUさんのオーダーでペンダントへのリメイクです。
前回、マクラメ編み用に穴あけ作業を終えておりましたので
リメイクはそう時間がかからなくて済みそうでした。

Uさんのオーダーでは、ペイソンをトップにし、
その下に「メダイを付け外しできる状態にしたい」との事でした。

少し思案しましたがCカンを編み目に入れれば
できそうでしたので、Uさんのご要望はクリアできそうです。


完成です。



190907_remake_usama_03.jpg

ペイソンレムリアンのオモテ面に気をつけながら
Cカンを取り付け、あまり長くならないようにして完成しました。


190907_remake_usama_02.jpg

バイカラーのアンデシン、オーラライト23も綺麗に編み込めました。

前回のオーダーの記事の時はクイズにしてしまいましたが、
Uさんに使用した石は赤いアンデシンとバイカラーアンデシン 、
オーラライト23です。

変化と調和のアンデシン、霊的な存在と
繋がるパイプの役割にもなる石です。

パワフルなものでというオーダー時に制作したもので
Uさんが持つ「色」に合いそうな石で組み合わせました。
オーラライト23も持ち主が本来持つエネルギーや
感性、能力を活かしてくれる石です。

アメジストがベースの石で霊性を上げ、
悪い方向に陥りやすい癖を緩和してくれる石でもあります。

調べればそれ以外の作用も見つかるかと思いますので
参考にしていただければと思います^^

写真に写す事ができませんでしたが
ペイソンレムリアンは虹入りで
とてもキラキラとしている原石です^^

2019/12/10(火) | ☆修理・リメイク | トラックバック(0) | コメント(2)

修理(A様)

今日は友人のブレスレットの修理の記事です。

数年前に贈った屋久杉のブレスレットと
黒天眼石のブレスレットの修理のご依頼が届きました。


修理前の石の画像です。



190804_yakusugi_repair_1.jpg

アメトリンと屋久杉。



190804_kurotengan_moss_repair1.jpg

黒天眼石、モスアゲート、ガーデンクォーツ、ブラックトルマリン。

今はもうお取り扱いしていないブレスレットです。
懐かしいです^^


綺麗に石ごとに分けてくれていたので
石はエネルギーを早々に回復させ
屋久杉はコーディングが全て取れてしまい
カラカラの状態になっていましたので、
コーディングを施し直しました。


完成です。




190804_yakusugi_repair_2.jpg



190804_yakusugi_repair_3.jpg

屋久杉はコーディングし直したので
とてもツヤツヤです^^



190804_kurotengan_moss_repair2.jpg

黒天眼石は実はこの子が核にして構成している
ブレスレットです。
職場のモンスターさんらで大変苦労されている時期で
その方達は自業自得だとしか思えない出来事が起き
周囲から消えていった・・・との事でした。


190804_kurotengan_moss_repair3.jpg


190804_kurotengan_moss_repair4.jpg

サイズ変更もありましたので
調整をし完成をしました。

形になってから、仕上げの術かけなどを
石にほどこしていきます。

+++


職場の人間関係でいろいろ大変な事があったそうで、
詳細は記載しませんが、新たに気持ちを引き締めて
望めるようにとの修理のオーダーでした。

修理1つでも深い事情を抱えている方もおります。
石が元気になってまた活躍してくれれば幸いです(^人^)


最近、カメラの設定がおかしくなっており
少しボケ気味の写真が多くなっています^^;;;

設定を直せよって話ですね^^;

2019/12/05(木) | ☆修理・リメイク | トラックバック(0) | コメント(0)

リメイク(A様)

今日はリメイクの記事です。

以前に他店でお買い上げされたブレスレットが切れたままにしていたそうで、
その石を使用し、また必要な石があればそれを足して
リメイクを依頼したいとのお話から始まりました。

通常、他店の石のリメイクや修理はお受けしていないのですが
石を見て無理だったら断ってもらって良いとの事、
そして好きにリメイクいただければ、との事で
石を預かる事になりました。

届いたのはモルダバイト、それと青い石なのですが
これがお聞きするまで何の石か不明^^:

石の展示会の数ヶ月前からのご依頼でしたので
石の状態を見てリメイクできそうだと判断し、
お受けする事になりました。

青い透明な石はルチルにも見えるのですが
詳しい石の業者さんにも見てもらいましたが
あまり見ない石で何だろうとの事でした。

Aさんにお聞きすると「ブルートルマリンルチルだった思います」との事でした。
これは本当に珍しい石です。


そして制作する物はペンダントとブレスレットに決め、
デザインも決めました。

ただペンダントトップに配置する石が決まらず
石の展示会で実物を見ながら決まればと思い、
ペンダントとブレスレットの仮組みをして持参しました。

+++

そしていつも懇意にしている石業者さんのお店で
いろんな石、珍しい石も拝見していたのですが
今回のペンダントトップにするには、
どれもピンと来ません。

ふと、ある石が目に入り「あ、これだ」と即決まりました^^;

+++

制作開始です。
バラバラになった石は以下になります。



190506_sozai_stone.jpg

モルダバイト、ブルートルマリンルチル、
ツイストの水晶。

余ればそのまま返してもらって良いとの事でしたが
バラバラのままの状態で保管になるでしょうし、
今回はおまけで余った石はストラップに返信させる事にしました。



Cherry_Blossom_agate.jpg

まずペンダントで、トップの石です。
チェリーブロッサムアゲートにしました。

今回、Aさんからの石がどれも武器になってしまうため、
Aさんの気性も考え、この石に決めました。

チェリーブロッサムアゲートは
ピンクとグレーの色が混じった石が多く
このカラーを見て即決めしました。


完成です。



Cherry_Blossom_molda01.jpg

ペンダントのトップ部分です。
チェリーブロッサムアゲートの上に
モルダバイトを入れています。



Cherry_Blossom_molda02.jpg

男性的な石ばかりでしたので、
重い印象にならないデザインにしました。

モルダバイトの上に黒檀、ブルールチルトルマリン、
そしてモルダバイトです。



Cherry_Blossom_molda03.jpg

・・・武器にもなるペンダントですが
パッと見は可愛い感じに仕上げました。


+++

リメイク2つ目はブレスレットです。
こちらはとても珍しい石をトップに使用しました。

珍しい・・・というのは、実は発見されて名前がまだ無く、
石の業者さんが3ヶ月前に石の鑑定に出して
その返事がまだ来ない、、、という石でした。

ですのでまだ名前がわからない石なのですが
石業者さんからの発表があり次第、
Aさんにお伝えしようと思います。



ブレスレットの完成です。



Molda_blue_tourmaline01.jpg

Aさんに使用した石は、一見ホワイトルチルに見えますが、
実は針状の模様だけではなく、もっといろんな模様もあります。
そしてルチルではありません。



Molda_blue_tourmaline02.jpg

今回は私個人用でブレスレットで手に入れた石を1つ抜いて
使用しました。

こちらもモルダバイト、ブルートルマリンルチル、
ツイスト水晶を使用しました。

・・・武器化すれば良い武器になるブレスレットです^^;


+++

そして残った石を全て使用して
おまけのストラップにしました。

omake_quartz.jpg

翡翠にも見えるカルセドニーです。
もしかしたら翡翠かもしれないです^^;

作業台にいつの間にか転がっていて気になっていた子ですが
今回はAさんのおまけのストラップの制作に使用しました。


モルダバイトは霊的な事柄から身を守る石でもあり
霊感が強い人ほど、持つと灼熱感を感じる石です。
独特の熱さを持つ石ですね。

偽物もよく出回っているモルダバイトですが
こちらは本物のモルダバイトでした。
石と共鳴する事ができれば、独特の「音」が聞こえる石です。


Aさんからはとても気に入られたとの事で良かったです^^



+++(2019年10月15日 追記)+++

トップの白い石の鑑定結果が出てきまして
「マイカインクォーツ」でした。

マイカにしては色がとても珍しいとの石屋さんのお話で
少し調べるとお店によっては
「スタラクティティックマイカインクォーツ」
「鍾乳雲母水晶」
「ホワイトガーデンルチル」
という名前でも同じ石がヒットしました。

個人的には使い勝手が良く、とてもスッキリするのと
頭の切り替えが早い感じになりますので
気に入っております^^

2019/10/05(土) | ☆修理・リメイク | トラックバック(0) | コメント(4)

 |  HOME  |  »