F様のご依頼【1/5】

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2017/06/10(土) | ☆リーディングオーダー制作(貴金属) | トラックバック(-) | コメント(-)

オーダーリング(S様)

昨年からオーダーいただいている
Sさんのご依頼分のご紹介です。

昨年から霊気強化講座から始まり、
妄想ではなく、自分の守護霊と会話していた事が鑑定で判明
それからいろんな会話を重ね、
守護霊さんの好きな石、自分の好きな石の好みが違う事や
用途に分けて使用されているとの事でした。

その後、過去にご依頼で制作した
モルダバイトと非加熱タンザナイトのリング
いたく気に入られたらしく、同じ感じのリングが作れないかとのご相談でした。

モルダバイトのルースはあと1つしか無く^^;
お手頃に手に入る時、入らない時があり
手に入る時期は読めない石です。

モルダバイトに限らず、石の展示会は
その年はどこにでもあったルースでも、
半年後に行くと1つも無いという事もよくあります。

石の流行で流通量が左右され、価格も変動する業界ですので
いつ手に入ると言えない石の1つです。

前回はK様と同じ石だと合わないでしょうから、
改めてリーディングで決めました。

このリングがちょっと苦労でしたが
何とか美しく仕上がりました。

今回はまた希少石がスッと見つかり、
密かに手に入れていたものです。

せっかく記念のリングだと言われていましたので
また出会う事も難しい宝石ですから、Sさんにご相談しました。

まずリングになる前のルースですね。



Euclase161010_01_kai.jpg

Sさんにはデザイン案を作り、ホワイトゴールドかプラチナか悩まれたので
二つの貴金属の差と、見積もりも加工店でお出ししていただき
おまけしてもらえ、プラチナ加工に決定いたしました。

センターにはクリアーユークレース5mmです。
傷や内包物も多い石ですが、
とてもクリアーなルースと出会えました。

ユークレースもSさんはブログの記事で知って
気になっていたそうです。
この石も本当に良いルースは流通が無い希少石です。

左右に非加熱グリーンタンザナイト。
タンザナイトの中でも非加熱でグリーンも
ほとんど流通が無いか、すごい価格の宝石ですね。

1ペアだけ合うサイズの石が展示会で見つかりました。
探すのに一番時間がかかりました。
見つかった時はホッとしましたよ。

そして青いルースも加工が難しい石で
職人さんに恐縮だった石、碧が冴えるアウイナイトです。

この石はドイツのごく限られた地域で産出される石で
産出される石のサイズも0.1ct未満(約2.5mm)と大きくありません。

しかし冴える青は小さくても
見る人を引きつけるほど美しい碧です。


そして完成です



Euclase161229_02_kai.jpg



Euclase161229_kai_01.jpg

アウイナイトはラピスラズリの宝石種になります。

順調に進む霊気強化講座、守護霊との会話が始まったSさんには
迷いを絶ち、道を指し示す明るい波動の石にしました。

+++

ユークレースの実物を見たのは4回目です。

カラーレス(透明)のユークレースは
ペイソン・レムリアン・ダイヤモンドをくれた
友人Mさんのアクセサリー加工したものを実物で拝見しました。

石も大きな出会いです。
同じ石に出会う事は無く、個性があり、
良い石もあれば怖い石もあります。

+++

Sさんより感想をいただきました。



本日無事に指輪もピアスも届きました(*´꒳`*)
指輪…やばいっす(゚o゚;;

素敵過ぎ!
なんすか、この美しさは!!
こんな指輪宝石店で見た事ないです。
お値段以上ですー

そして、指輪が到着した日
ちょっぴり不思議な出来事がありました。

昨日が仕事納めで、本日からお休みなのですが、
急遽会社の現場の子達から飲み会に誘われ、
タイミングもよく行ける事になりました。

しかし、そうすると本日届く指輪の受け取り人が居なくなり
『今日受け取るのは無理かなー、明日かな…(◞‸◟)』
と思っていたら、20時〜21時指定なのに私が出掛ける直前の19時前に
「だいぶ早くてすみません(汗)」
とヤマトさんが持って来てくれました。
「今から出掛ける予定が入ったので、ちょうど助かりました!!」
とお礼を言い、指輪&ピアスを受け取る事ができました。

その後すぐに出掛けて、駅の有料駐輪場に自転車を停めるんですが…
あいにく100円がなく、万札しかもってなかったので、
駐輪場のおじさんに両替を頼んだら…
「今両替ができないから、内緒でそのまま停めていいよ」
と言われビックリ(゚o゚;;

こんな事は初めてでとても助けられて、ビックリでした。

やっぱりカンタルトンのピアスは可愛いですね。本当にお気に入りです。
いつも、落ち着きや元気をもらってます。
プレシャスオパールの輝きに惚れてしまいました。

ジェード達は多肉植物と一緒に飾ってあります。
すごくオシャレな多肉植物になりました。

象牙は、初めて手にしました。
美しいですね。アクセサリー同様大切にさせていただきます。

指輪…思い切って貴金属加工して良かったと思っています。
本当にお値段以上の出来にドキドキしています。指
輪を見てはニヤリとしてしまう怪しい私。

この指輪を見た瞬間、先日お願いしたリングも貴金属もありだな…
とか思い始めちゃいました。
クール&ビューティな指輪と艶やかな指輪…
妄想が止まりまへん( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

本当にありがとうございました。
cantaさんには感謝してもし足りませんー
来年(※)もよろしくお願い致します。
※大晦日到着のリングでした

そして今回は少しいろいろあり、加工に時間がかかり
年内ギリギリに仕上がり、大晦日に到着になりましたが、
一番嬉しいのはお作りしたアクセサリーで嬉しい事が起きたり
喜んでもらえる事です^^


イエローユークレースはコチラの記事です。



2017/04/10(月) | ☆リーディングオーダー制作(貴金属) | トラックバック(0) | コメント(6)

オーダーリング(K様)

今日はクリスマスですね。

今年は3連休で楽しんでいる方も多いのでしょうか。
私もお得切符のギリギリ期限で、
24・25日はずーっと出ずっぱりです。

そして今年も12月はやや多忙状態になっており、
早めに年内のご予約は締め切らせていただいております。

年運鑑定はこの時期に一番増える時期です。
来年の運気は翌年の2月が変わり目になりますので
ご予約で依頼いただけると助かります。

そして今年も12月は仕事漬けで

(ΘωΘ)<イルミネーション? なにそれ美味しいの?

そんな感じの12月でした。

+++

今日は貴金属加工のリングのご紹介です。
奇跡的に見つかったルースをリングに仕立てました。

+++

昨年からブログにアップしたユークレース(イエローカラー)のリングを
見られたKさんより「ユークレースが欲しい」というご相談を受けていました。

コチラの記事

このルースは記事の時は記載しませんでしたが
ある宝石店の社長のコレクションから出してきた
希少なルースでして、当時、お聞きした話では
ユークレースのイエローカラーは
国内でもほとんど流通されていないという話でした。

国内で数名レベルという話を社長に聞いていたのと
ユークレース自体が希少石という事、
原石はあれど、宝石ルースになると
宝石店でも探すのは困難な宝石・・・

なので申し訳無いのですが、宝石店が見つけられない石を
1個人で宝石の海外ルートも持たない私が見つけるのは無理・・・

という感じの説明をさせてもらいました。

+++

それから約1年ほどたった頃でしょうか。

お聞きした後も探してみましたが当然ですがルースは無く、
ふと思い出して、ある日、石関係者のお店をのぞいたところ・・・
なんと1つだけルースが見つかったのです!

しかもサイズでかっ!


驚いて思わずエネルギーもみましたがユークレースですわん…。

急いでKさんに連絡をすると
即返事で「手に入れて欲しい」との事で
イエローカラーのユークレースのルースを抑えました。

+++

抑えた後に指輪加工の依頼となり、
もともと、ピンクゴールドのユークレースのリングを気に入られていたので
土台はピンクゴールドをオススメし、
デザイン案を作りました。

問題は実物を見ても指輪にするにはサイズが大きいのと
ルースに高さ(厚み)が1cmもありますので
リングにすると引っかかりやすいという心配でした。

リングにした際、大きさを確認できるよう
比較画像などを付けてKさんに説明し、
リングが日常で無理なサイズならペンダントトップにという案もお出しし
最終はやはりリングにしたいとの事で決まりました。

宝石店と打ち合わせも終わり、リング見積もりと加工を依頼。
デザインも決まるのが早かったです。

+++

そして貴金属加工も割れずにリングが仕上がり
ホッとしました。


まずルースです。


161001_Euclase01.jpg
今回はトリリアンカット(10mm×10mm 3.75ct)と
超・大物です。



161001_Euclase02.jpg
サイズ比較に私のユークレース(7mm×7mm)を添えています。
私のもいい加減大きいのですが、もっと大きいです^^;
ユークレースのエネルギーもすごかったです。


そして2つめのイエローユークレースのリングの完成がコチラ!



161001_Euclase03.jpg
見積もり以上にならないサイズの
メレダイヤを付けていただきました。


161001_Euclase04.jpg
イエローユークレースを2つ並べた記念写真^^
珍しいショットかもしれませんね。

そしてこのリングの納品後、
Kさんは嬉しくて付けて眠ったそうです。

が…興奮しすぎて眠れず、寝不足になったそうです。
それは慣れないと付けたままでは眠れない宝石だと思いますよ〜^^;

そしてその後、Kさんを含め、Kさんの周囲の人が笑顔になるような出来事が
起きたと喜びのメールが届きました。

抜粋させていただきました。



「ユークレースですが、お仕事の場面でまた大活躍しております。
 また、私が指輪をしていてお会いした方々にも幸せ撒き散らしているようです。

 みんなを笑顔にするパワーがあるのかも知れませんね。
 私の信条と一緒なので末長く大切にしたいと思います(o^^o)」

+++

人生で出会う事自体が奇跡と言われるユークレース。
その中でもめったに出ないイエローカラー。

エネルギーに敏感な人は
写真からも少し充電することが可能です。

こんなに素敵なリングを制作させてもらえて
Kさんに感謝です(^人^)

そしてこの直後に、今度は別のユークレースの
とても綺麗なルースと出会ってしまいました。

「何回出会ってますねんw」
などと心の中で突っ込んでおりましたw

次のユークレースのルースも速攻で行き先が決まり
現在進行形で制作中です☆


☆次回の記事は2016年12月31日up予定です☆

2016/12/25(日) | ☆リーディングオーダー制作(貴金属) | トラックバック(0) | コメント(2)

非加熱タンザナイト☆リング☆リメイク

前々から気になっていたタンザナイトのリングを
他の貴金属加工のオーダーの方の分と一緒に
宝石店に依頼した分が出来上がってきました。

前の時は非加熱のタンザナイトが欲しかったので、
見つけた時は「シンプルなリングになればいいかな」と
手に入れた宝石店に、デザインもおまかせして出来上がったものです。

コチラです→非加熱タンザナイト


しかしルースがかなり高いというか厚さがあるため、
この時のデザインでは引っかかる事が増え、
次第に「デザインが少し気に入らないな…」となり
とうとうリメイクに出しました。

というのも、一緒に組み合わせるルースを探していまして
このルースがなかなか出ない希少石。

今回は「自分の趣味用」としてしっくりきたのが
「アフガナイト」でした。

その頃の宝石の展示会でアフガナイトのルースを1ペアだけ見つけ
考えていたリングデザインにも丁度良いサイズでした。

ちょうど香穂さんたちが大阪の展示会に来られた日に見つけて
その後すぐに、リングのデザインの元になる画
(宝石店の人や職人さんに渡すデザイン画)を作りあげ
スムーズにご依頼分のリングデザインと自分用のリメイクデザインを依頼しました。

+++

その後、予定通りに仕上ったとの話だったのですが
職人さんが「職人レベルで気に入らない箇所がある」との事で
「もう一度、1から作らせて欲しい」との申し出がありました。

職人魂ですなぁ〜と関心して
急いで無いものなのでお任せしていたのですが
ここから雲行きが怪しくなったのです…。

宝石店から連絡が来ました。
青いルースを割ってしまったとの事でした。
そして急いで自社のルートでアフガナイトを探したものの
1つだけ見つかった。



色がかなり違い、黒い点があるとの事で
画像を送っていただきました。

上がさんざん探しまわって見つかったワンペアのアフガナイト。
下は私がお渡ししたアフガナイトです。

…これはせっかく探してきてもらっても
質が悪くて使えません。。。


161210_afuga.jpg

アフガナイトは良質なルースは本当に見つからないか
見つかってもかなり高額です。
でも割ってしまったものは仕方がありません。

ちょうど別の石の展示会前でしたし、
アフガナイトを手に入れたお店が出展しているので
期待薄で行ってきました。

なーーー(ΘωΘ)ーーーーい!

もうこれはルースを変更という事にして
決めたのはアフガナイトと全く違う宝石…
というか、何百とルースがある中で、それしか目に入りませんでした。

でも…組み合わせが変わると指環の作用が変わってしまふ…。

趣味用のリングが趣味用で無くなってしまふ…。

「うーん」となりつつ、質はすごく良いルースはゲット。
途中、すごく大きいハーキマーダイヤモンドまで別店舗で呼び止められて
超・破格で手に入るw

状態がうんともすんとも言わないので偽物かと思っていたら
ちゃんとハーキマー州産で、昔の発掘なので大きいものの上に
当時の(安かった頃に)手に入れた価格で販売してくれるお店がありました。
ハーキマーはその1点だけでしたけど^^;
(他は全然違うタイプの原石ばかりのお店)

+++

その話を香穂さんに画像と送りながら
「在庫かストックだったのか、石が冬眠状態ぽいので起さないとダメですね」
てな話をしハーキマー画像を送っていました。

すると送ったハーキマー画像からビシバシ起こした香穂さん。

私「おー、ジワジワ来るようになりました」

香穂さん「もう一発〜」

私「…石(のエネルギー)が痛いのれす(ΘωΘ)。。。」


こんなに大きいと、さすがに手が痛くなってきました。
そして開口一番にハーキマーに言われたのは「お水」。

とりあえず、ゲットしたルースを宝石店に持ち込み、
その後はハーキマーに水をあげて、数日間、あれこれとしていたところ
最初よりも虹がたくさん出るようになりました。


脱線しましたが、そのハーキマー・ダイヤモンドは
今日のリングの撮影の土台ですw

+++

出来上がった非加熱タンザナイトのリメイクリング画像です。

室内灯で夜に撮影です。
色は忠実に再現しました。
また時間ができれば、昼間に撮影して追加しておきます^^;


161210_natural_Tanzanite01.jpg
多色性のタンザナイトは明るい場所で見ると
サンタマリア・アクアマリンのような青です。


161210_natural_Tanzanite02.jpg
横からはパープル。


161210_natural_Tanzanite03.jpg
アフガナイトから変更になった石はタンザナイトの横の埋め込んでるルースで
「カラーチェンジ・ガーネット」です。
端はダイヤモンド。


161210_natural_Tanzanite04.jpg
少し暗めに撮影するとハーキマーの虹が少し写りました。
もっと一面に虹が出てるのですが、どうやったら写るのか?

職人さん、がんばって綺麗に仕上げてくれ、
とても気に入っています^^

端のルースは最初のリングに付けていたダイヤ使用予定だったのですが
少し大きなダイヤに取り換えてくれていました。


どうしてカラーチェンジガーネットになったのか・・・
チヨさんからぼそっと・・・

「(リングは)仕事用」

(lllΘωΘ)えええー

そう…趣味用ではなくなったのでございます…。

騙された・・・また騙された・・・←最近、前よりも多い


(霊)仕事用かと思うと微妙な気持ちになるのですが
眺めているとやっぱりうっとりするタンザナイトです。
アフガナイトの片割れは3つ目のピアスホール用にします。

この後、一気に本業も含めて、仕事が増えました・・・^^;

2つ依頼を終えると3つご新規で依頼が届くとか・・・
がんばってこなしますので、お待ちくださいね・・・^^;;;

最後に眠りから起きた、いや起こされた
手のひらサイズのハーキマー・ダイヤモンド。

161210_natural_Tanzanite05.jpg

*年末年始のお知らせ*
2016年12月29日(木)〜2017年1月6日(金)まで
冬期休暇とさせていただきます。

期間内に既存の天然石の商品をお買い上げいただいた場合、
1/10(火)からの発送となります。
鑑定、霊符、霊気各種講座は1/14(土)からの予約受付となります。
よろしくお願いいたします。

2016/12/10(土) | ☆リーディングオーダー制作(貴金属) | トラックバック(0) | コメント(2)

オーダーリング(K・T様)

今回はオリジナルオーダーをいただいたKTさんの
オリジナルリングです。

以前、KTさんの仕事用のブレスレットを制作した後、
業績が確かに上がったそうで、いろんな善き事が起きた
等のメールをいただいていました。

しかし、ある日。
今までお作りしたブレスレット一式が入ったポーチごと無くされてしまい、
がっくりされていました…。

「自分に降り掛かる厄災を持って行ってくれた」と
思える出来事も起きたそうですが
とても気に入られていたので、
今回は「前の仕事用ブレスレットを指輪にできませんか」
といったご相談でした。

ブレスレットは何種類のパワーストーンを繋げて
働くようにしているので、指輪となると石を減らさないといけません。

減らした分、作用が変わらないようにアレコレをするのですが
今回、私の方では自分用にしようと密かに手に入れていた
「非加熱タンザナイト」のルースを
ピアスか指輪に加工しようと手に入れていたところでした。

メインのモルダバイトのルースもご依頼で無くなっていたので
1つだけ残る分を手に入れていたところで
今回はこの宝石ルースを使用する事にしました。

+++

私の場合のリーディングは必要な石が素直に視えてくるのですが
今回はチヨさんからのアドバイスがきたわけです。

「フェナカイトを」と言われたものの
この石は過去のフェナカイトの記事にもありますように
最初は不安定さや、目を背けていた事に真実を突きつけられたり、
イライラが出る人もいます(毒だし期間と個人的に呼んでいます)。
それが終わると大丈夫なのですが、過渡期がきつい人もおりました。

今回は予想外の石の提案をされ、
KTさんに石の作用についてご説明をし、
決めていただきました。

+++

KTさんはフェナカイトに決められたので
今回の指輪加工にはモルダバイト、
左右に非加熱タンザナイト、フェナカイト
というかなり強い組み合わせになりました。

リングは使用できる石の数がブレスレットよりも少ないため
ルース選びには慎重になります。

また自分用にと思っていたルースが旅立っていきますが、
無くしたブレスレットに劣らない
良い指輪になりそうです。

いつもの宝石加工にはデザインは3案ほど、
実際に私がイメージ画像を作ったものを見ていただき、
あ〜だの、こ〜だのと打ち合わせをして見積もりを出していただきました。

価格差が出ると言われてしたが、殆ど差は出ておらず、
宝石店で加工代をいつものように融通していただけました。

今回は私が一番オススメなデザインでKTさんも
イメージ画像を見た途端に「こういうのが欲しかったんです」
とすぐに決まりました。

+++


160515_151212_02.jpg

非加熱タンザナイト(タンザニア・メレラニ鉱山産)

色はシルバーブルーの中にイエローがちらほら見え
タンザナイトにしては変わった色のルースです。

2ペアで手に入れたわけではなく、
別々のルースを手に入れたものを
自分のピアスか指輪用にとペアにしていました。


160515_151212_03.jpg
色の比較としてお見せしたタンザナイト。
色比較の指輪も私個人所有の非加熱タンザナイト。
室内でラフ撮りした分です。

実際の色はコチラが近い画像です。
タンザナイトは光の条件により色が変わり、
色の変化が多彩なほど宝石としての価値が上がります。

+++

今回の指輪のデザインは前から欲しいと思っていたデザインだそうで
合成画像を見てすぐに決定されていました^^


出来上りです。




160515_151212_moldavite04.jpg
センターにモルダバイト チェコ産(約4mm/0.48ct)
左右に非加熱タンザナイト タンザニア産(4mm強/0.51ct)
一番外側にクリアーフェナカイト ブラジル産(3mm/0.37ct)

素材は私指定のホワイトゴールド(18K)。


160515_151212_moldavite05.jpg
センターはデザイン通りの四つ留、
左右に配置するルースの周囲はミル打ちを施し、
引っかかりを少なくするために埋め込みした指輪のデザインです。

モルダバイトのルースが左右に配置するタンザナイトよりも微妙に小さいため、
加工時には非加熱タンザナイトと同じ大きさに見えるよう
貴金属加工時に相談して加工に工夫をしていただきました。


160515_151212_moldavite06.jpg
スタジオ撮影する時間が無く、日差し元での撮影分です。

大変気に入っていただけたようで
本当に良かったです^^


information*ご依頼・新着状況(5/26)*
鑑定、霊符、修理・リメイク、霊気講座各種等の新規のご依頼について。
空き枠は無くなりました。
新規のご依頼は「6/12以降からのご予約」となります。

ご予約は基本的に先着順になります。
〆切のアナウンス後の緊急のご依頼には応じられない事をご了承ください。

命に関わる危険性がある場合、霊的な悪影響を受けている場合など
深刻度数が高い人を優先するため、順番が前後する事もございます。
ご理解の上、ご了承ください。

既存商品については在庫がある分はいつでもオーダーいただけます。
何卒、混雑状況をご理解いただきますよう宜しくお願いします。

2016/05/25(水) | ☆リーディングオーダー制作(貴金属) | トラックバック(0) | コメント(6)

 |  HOME  |  »