霊障と判断する鑑定【前編】

鑑定をしていると避けて通れないのが霊に関する判断。

念障だったり、霊障だったり原因はさまざまですが
その元凶となる事を判断し、ご本人に伝えないといけないんです。

霊や念といった物は、その人の思い込みや
神経症が原因な事も実は多いのです。

友人と大喧嘩をし、部屋で足音が聞こえ「相手の生霊が来た」と
思い込みで脅えたり、混乱を起こす人も珍しくありません。

以前も私の方に「アイツの憎しみの念が来て自分が酷く苦しんでいる」
という相談が来た事がありましたが、
完全に本人の思い込みと精神を病んでいました。

その判断をしなければいけない霊に関する鑑定も増えましたね…。

今回も記事の承諾を得ましたので、
少しだけ内容に触れつつ記事にしました。

+++

仮にSPさんにしておきます。

鑑定依頼の内容は、自分やペットに科学では証明できない不可解な現象が起きており、
身の上に覚えがいくつかあり、どれが原因でどうなっているのか分からないとの事でした。

トラブルの原因は自分にあるけれど、納得がいかなく不安な状態で、
不可解な現象が起き続けている...どうしたら良いか
大変困っているといった内容でした。

思い当たる原因が書かれており、
この方も現実で行き詰まっていたのもあったのでしょう。
スピリチュアル関係の講座でオカシナ物に引っかかっておりました。
スピリチュアルというよりも魔術やオカルトという感じです。


自分自身で「これはオカシイ」「言う内容も科学的に辻褄が遭わない」と
主催者の対応も不親切で(これはこれで後で思うと良かったそう)
自分で調べてから、「セミナーの異常さ」に気が付いて
縁を絶ったものの、その団体に脅えていました。


…こういった鑑定やご相談はブログ以前から本当に多く、
ほとんど記事にはしていません。

内容を拝見して、今回のおかしな現象の理由は分かりましたが、
霊に関する事だと判断する時は慎重にしています。

鑑定結果で霊に関する事、霊障、念障と安易に書くと
当のご本人が怖がってしまう事もあります。
それで伝え方に時間がかかる事もありますが、
大丈夫そうな方でしたので、そのままお伝えしました。

そしてSPさんが関わったスピサイトを拝見すると「手から危険アラーム」。
頭痛、書いてる文字が全てはじかれて読めない。

キタコレ。


しかし、まともな事も書いているので、
これでは判断が付かなくなる人も多いのでしょう。

スピ講座内容も危険そのもので、手を出す人も並べて
似たような憎悪や憎しみを持ち続けている人達なのでしょう。

ご依頼が来た日は、私が朝から一日中、外出でしたので、
確定する前に6つほど質問を送り、鑑定結果を送る前にSPさんには、
早めに対処をしないといけないので、まず「簡単なモノ」を1つ用意していただき、
対応していただきました。

…というのも、関わったスピ関係者が自分への黒魔術の仕返しか、
追い出した女性の恨みかと、不安になっており
セミナーに参加した直後からペットが謎の病気で悪化、
ご本人の身の上も良い事が起きず、おかしな事象が重なっているのです。

続く
関連記事

2015/05/21(木) | ☆霊符・霊視鑑定 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/1319-c637e356
 |  HOME  |