修理・リメイク(I様)

今回はご夫婦の記念日に贈られたお揃いのストラップの
修理・リメイク分です。

届いた時には「このようなストラップも制作しましたっけ」と
とても懐かしく思い出しました。
制作数が多いと、過去の依頼品が出てくると
懐かしいです(*´ω`*)

石には欠けやクラック、ひびといった壊れた石は無く、
石の状態のチェックと今回は同じデザインにし、
ヘンプも新たな色が増えましたので、
2色使用しての「リメイク」にしました。

前回は石のサイズや形で違う編み方になりましたが
今回はデザインもお揃いが良さそうだったのと、
勾玉のハウライトだけ合わせ、後はお守り用との事でしたので
個人に合わせたこちらの組み合わせになったのでしたね^^


掘り起こした過去の画像をアップ。


111109_isama.jpg

画像の日付を見れば、2011年に制作でしたね。
今回、リメイクでは同じ編み方にしました。

完成です


151129_suto.jpg
今回は立体的な編み方にしました。
せっかくのリメイクですから、少しイメージチェンジです。

男性(旦那さん用)はハウライトと
ラピスラズリ、ホークアイ、頑固な面をお持ちでしたので
優しいブルーカラーのブルーレースアゲート。
縞のあまり出ていない分を使用しました。

女性用はホワイトオニキス、クリソプレーズ、グリーンフローライトです。
クリソプレーズはカルセドニー種の石の中でも一番価値が高い石です。
オーストラリア翡翠とも呼ばれ、綺麗なグリーンカラーのこの石は
黒い不純物が入りやすく、鮮やかな質のクリソプレーズは
手に入りにくい石とされています。

古代から装飾品として古代ローマ、古代エジプトで加工、装飾され
有名な話は「アレキサンダー大王のお守り、守護石」だった石ですね。

神の恵みを受け、持つ人に勝利と栄光をもたらし、
死から逃れる事ができると信じられ、常に身につけていた大王のお話です。

幸運を呼ぶ石ともされていたので、腰帯にしていたクリソプレーズをはずした隙に
蛇によって川の中に沈んだ時は、失望の上に戦意まで失い、
アレキサンダー大王は32歳で亡くなってしまったそうです。


オーダーで制作したものを
長く愛用していただけるのは大変嬉しい事です。
お揃いデザインの変身も喜んでいただけて何よりです。

クリソプレーズはここ数年は付けていませんが
好きな石の1つです。
なんだか美味しそうで(*´ω`*)

関連記事

2016/03/10(木) | ☆修理・リメイク | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/1475-f71fec0d
 |  HOME  |