修理・リメイク(U様)

今日は修理分です。

小さい修理は記事にはしていませんが
修理時に一番聞かれるのは「切れた理由」です。

殆どは物理的な原因(引っ掛けた、落とした、経年劣化等)なのですが
うちでは霊に破壊されたり、お知らせ、警告、身代わり等で
切れる事もあります。

1つをブレスレットやネックレスを集中的に使用していると
壊れる頻度も上がる事があります。

今回は特に愛用されいるネックレスの修理でした。
毎回、定期的に切れるとの事で、今回は切れて落ちた後、
エンドのアクアマリンのルースを踏んでしまったとの事でした。

少し不安になられていましたが
状況を伺った後でふと視えたので…Uさんに

「切落ちる前後、喉が不調じゃなかったですか?」

伺うと、確かに喉の調子が悪かったそうです。


宝石は体調の悪い部分に置いておくと
治療してくれる石もありますので
今回はアクアマリンがやりきってから切れ落ちたのでしょう。
そんな光景が修理を通じて視えました。

ちなみにルースは割れる事もなく無事です。


修理時は先に壊れた状況や画像を送っていただいているのは
取り寄せないといけない石や宝石だった場合もありまして、
画像から大丈夫そうな石や宝石でも、割れる寸前の石などもあります。

もう流通していない石や手元に無い石もあるため、
先に手配や探す事もありますので、事前に画像を送っていただいています。

で、修理完成です。



160720_160528_Usama.jpg
これから最後の仕上げの術かけです。

右下のは交換前の石とルースを留めていた金具。
エンドのアクアマリンは白っぽく写ってしまいましたが、
こちらも元気になりました。

実物を拝見するとプレシャスオパールが変色していましたので
こちらも交換いたしました。

他のルースも問題無しです。


切れた事で不安になる人は結構多いようなのですが、
反対に持ち主を守ったり、身代わりで切れる事も多いのです。

交換は何でもすぐに交換しているわけではなく、
割れやヒビ、色褪せた石、エネルギーを回復不可能な石は交換しています。

でもまだ頑張れそうな石はエネルギーを回復させる事で
できるだけ長くお使いいただいています。
定期的なメンテナンスで修理を依頼される人もおります。

私も先日、使用頻度が高いホワイトゴールドの指輪の貴金属部分が
摩擦でコーディングがはげてしまい、一部、うっすらと変色していました。

2つほどコーディング加工しなおしました。
ピカピカちゃんになって戻ってきました^^
関連記事

2016/08/10(水) | ☆修理・リメイク | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/1508-dc70ead3
 |  HOME  |