【新作☆マクラメ編み】ペンダントトップ☆シュンガイト

今日はシュンガイトのルースを使用した
マクラメ編みのペンダントのご紹介です。

まとまったお休みができると編む時間もでき、
一気に作りあげました。

シュンガイトはオリジナルオーダーでは何度か使用してきた石です。
改めてご紹介記事を書きました。

少し長いですが、難しい言葉をくだいて、
できるだけ分かりやすく書いたので
がんばって読んでくださいね....^^;

個人的な感想は最後です。

+++

シュンガイトはロシアの北西部、フィンランドの東に隣接している
「カレリア共和国」という国の中にある
オネガ湖の周辺地域でしか取れない石です。

はっきりとした起源はまだ分からず、
約20億年前に地球上にできた炭素の合成鉱物で
珍しい構成・構造を持ち約80%が「炭素」で構成されています。

約20億年前の地球は「先カンブリア時代」。
生物も化石で発見されていますが、
謎に包まれた遠い昔の地球ですね。

シュンガイトは現在、地球上で発見されている天然石の中で
唯一「C60(天然)フラーレン」を含む石と
報告されてから話題になった石です。

フラーレンとは、炭素の集合体です。
非常に安定した原子構造を持ち、
炭素原子60個がサッカーボール状の形をしています。

フラーレンのモデルで検索すると画像がたくさんでてきます。
あのような立体の魔法陣をたくさん内包しているのが
シュンガイトです。

石好きな人よりも科学者が興味を持っている印象の石で、
シュンガイトを使用して心臓、血液血管、筋肉、関節、
運動系の疾患などの臨床実験でも有効な効果を上げているそうです。

また免疫力を上げ、アンチエイジング、しわ・たるみの防止、
電磁波のブロック、ウィルスやバクテリアなど
人間に有害な物質からブロックするなどの作用も、
さまざまな研究結果として出てきているそうです。

フラーレンは活性酵素(フラージカル)を大量に除去することで有名ですが、
抗酸化能力もあり、細胞を活性化させ、ガン細胞の成長進行を遅らせる
などの実験効果もあった事から、ロシアおよび一部の国では
医療用として活用されております。

またナノテクノロジーの分野でも研究され、
科学者や医療業界、美容業界においても期待されている石です。


古くからカレリア国の人はシュンガイトを
「癒しの石」として使用していたそうです。

シュンガイトが採掘される地域では、
昔からシュンガイトをつけ込んだ水を飲用しており、
他の地域の人に比べ、病気にかかることも少なく長寿の人が多いそうです。

48時間付けることで有害物質を取り除き、
水がフラーレンのコロイド溶液になるそうです。
(目安:水1ℓに対し、シュンガイトが50〜100g)

シュンガイト水は抗ヒスタミン効果なども報告され、
シュンガイト水でうがいをすると、喉の痛みの緩和、
扁桃炎や口内炎の沈静化、風邪の予防、など
さまざまな痛みや炎症にも効果を上げているとのことです。

そのため医療用や美容用としての研究も盛んに行なわれ
現代ではシュンガイトを使用した製品が出てきています。

マイナスエネルギーを強力に吸い込むことから
「穢れを吸い込む石(掃除機)」
「ストレスを軽減させる石」
とも言われています。


シュンガイトは結晶構造が無いため(非晶質)、
鉱物として認めてられていません。

地球上の1カ所しか採掘されないことや、
古代の隕石の破片が混在した場所で採掘されることから、
チェコでしか採れないモルダバイトのように、
大昔の隕石衝突の残りではないかという説もあります。

その他にも作用はいろいろありましたが
すごーく長くなりますので、ここで説明は終わります^^;

+++

同じタイプの黒いシュンガイトを初めて持った個人的な感想は
波動が乱れた場所や大量の色んな石のエネルギーが
カオス状態になっている場所で酔っていた時に
初めて持ったのですが、数秒もすると
スッっとのぼせた状態から安定させてくれた石です。

またある時、胃の強い不調を訴える彼に、
患部にシュンガイトを貼付けていると
数時間後にはかなり痛みが軽減しておりました。
※胃薬の投薬もしています。

シュンガイトの重さは
ジェットや琥珀のような軽さです。

+++

【PT☆シュンガイト&サンストーン】

PT_Shungaito_sunstone01.jpg
自然光で撮影


PT_Shungaito_sunstone02.jpg
サンストーンと合わせました。

サンストーンは過去に何度か出てきておりますが、
産地により色がかなり違う石でもあります。

今回は赤やオレンジが強い、内包物が輝くタイプの
サンストーンを使用しています。


PT_Shungaito_sunstone03.jpg

☆素 材/蠟引きヘンプ(ワックスコード)
☆全体の長さ/45mm
☆ルースサイズ/横(最大)19mm×縦25mm
☆サンストーン/6mm

☆ネック紐は編み色と同じカラーで、別販売になります。
 基本45〜50cm(喉元にくる長さ)です。
 ご希望の長さがあればオーダー時に備考欄に記載ください

こちらはサンストーンと合わせました。
サンストーンは前向きな気持ちにさせてくれる石の1つで、
他人からのサイキックアタックをはじく石でもあります。
今回はこちらは霊的な軽いブロック用として作りました。

サンストーンはエネルギーが枯渇した人や
生きる喜びを喪失した方に前向きな生きるエネルギーを与え、
破壊の力に対して保護作用の強い石です。



【PT☆シュンガイト&グリーントルマリン】

PT_Shungaito_Gtourmaline01.jpg
自然光での撮影


PT_Shungaito_Gtourmaline02.jpg
丸玉の場合、黒っぽいグリーントルマリンが多いのですが
透明感のある明るめのグリーントルマリンを使用しました。

シュンガイトは柔らかい石ですので
小さい傷やへこみがある石です。

今回は下の方に傷がありますので
確認できるよう撮影しました。


PT_Shungaito_Gtourmaline03.jpg

☆素 材/蠟引きヘンプ(ワックスコード)
☆全体の長さ/43mm
☆ルースサイズ/横(最大)18mm×縦25mm
☆グリーントルマリン/6mm

☆ネック紐は編み色と同じカラーで、別販売になります。
 基本45〜50cm(喉元にくる長さ)です。
 ご希望の長さがあればオーダー時に備考欄に記載ください


とても綺麗なグリーンを発するグリーントルマリンです。

トルマリン自体は「電気石」と言われ、
圧力を加えると電気をおび(圧電効果)、
熱を加える事で電気をおび(焦電効果)る特性を持っています。
トルマリンが発する静電気で重量の軽い物質を吸着する作用を持っています。

トルマリンは色ごとに作用は変わり、
重いエネルギーを軽くする働きもあり、
霊的に上がりやすい人はエネルギーを
グラウンディグさせバランスを取ります。

特にグリーントルマリンは強く心を癒す石で
常にネガティブな考え方、気持ちの人には
被害者的な意識を祓い、精神的な疲労を緩和させてくれます。

精神的に疲れている人は霊的にも疲れているという事です。
オーバーワークや気の遣いすぎ、考えすぎが癖になってる人は
精神的な疲れが酷く、どこかで解消をさせないと
次第に不安に苛まれ、体も次第に重くなってしまい
動けなくなっていきます。

うつや神経症など、精神疾患がとても増えている時代です。
オーバーワーク(過労)も大きな原因の1つで、
人は体、精神、感情が一致してこそ
正常に動くことができ、正常な判断ができるものです。

定期的な心身のメンテナンスができない方や
鬱憤が溜まった方、ストレスの発散が自分で上手くできない方には
こういった作用の石達も助けるになるかと思います。

※3.5~4とエンジェライトほどの硬度の低い石で傷付きやすい石です。
 また炭素でできているため、すすのような黒い色が付くこともありますので
 ご注意ください。

※一般的な作用の説明ではいろいろ書きましたが
 必ずしもどんな病気でも必ず治る保証はありません。
シュンガイトのご紹介として参考になさってください。

※こちらはエリートシュンガイトではありません。
※炭素の含有量は約30%ほどのタイプのシュンガイトです。

注)こちらはアクセサリーとして制作・販売しております。
 アクセサリー以外でのご使用は自己責任でお願いいたします。

今日のペンダントトップは以下のリンクです。
同じシュンガイトを使用していますが
それぞれ違う作用を起こす組み合わせにしました。

(^人^)宜しくお願いします〜。


PT☆シュンガイト&サンストーン

PT☆シュンガイト&グリーントルマリン

関連記事

2017/09/15(金) | ☆Cantarton新作・石の話 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

a~san

『ゴシックな印象ですね。』

マクラメって夏っぽい印象でしたが、今回の見ると秋っぽくも見えますね~
グリーンが落ち着いてて素敵,一票!

前のブルーゼリーみたいな明るい色もおいしそうで素敵ですね✨

しかしずっとジュンガイドだと思ってましたorz

2017/09/18(月) 01:30:23 | URL | [ 編集]

canta☆

『a~sanさんへ』

シュンガイトは黒だし、マットな質感ですから
あまり注目されていないンですが
作用は他のパワーストーンをしのぐものがありました。

最近、お気に入りです。
石の仕入れ時にエネルギーに酔うと
本当にフラフラになりますので^^;

…がんばって克服したと思ったのに、
会場によっては酔う事もあります〜・・・。

2017/09/18(月) 11:32:30 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/1599-6f902afe
 |  HOME  |