マクラメ編み☆シナバー

今日もマクラメ編みペンダントのご紹介です。

ルースで市場に出回る事がとても珍しい
シナバークォーツを入手する事ができましたので
ペンダントに仕立てました。


【マクラメ編み☆シナバー】

macrame_cinnabar_01.jpg

自然光・室内撮り・晴れ



macrame_cinnabar_02.jpg

シナバーという石は原石で母岩の上に
粒状か結晶状態でできる石です。



macrame_cinnabar_03.jpg

和名を辰砂(しんしや/しんしゃ)といいます。



macrame_cinnabar_04.jpg

硬度が弱い石ですのでルースや装飾用として出回る事が少なく、
それ以上に産出量も少ない石です。



macrame_cinnabar_05.jpg

ルビー、カーネリアンと合わせました。


☆シナバー
縦25mm×横(最大)17.5mm×厚さ5mm

☆ルビー/8mm×1

☆カーネリアン/5×3mm×2

☆素材/ロウビキヘンプ紐
☆ペンダントネックの長さ/最大・約76cm
(アジャスターにてサイズ調整可能)

注)こちらはペンダントネック紐も含めた商品になります。
長さの変更のオーダーは受付できませんのでご注意ください。

+++

昔は血のような色から生命を意味し、
中国では不老不死などの石薬として使用されてきました。

粉末にすると綺麗な紅色になり、
日本でも古墳の石室の壁画の朱色顔料などに使われています。

「ドラゴンブラッド(龍の血)」や「賢者の石」といわれ、
この石を金庫にしまっておくと富を引き寄せるという
言い伝えもあるそうです。

こちらのペンダントトップは下記リンクになります。
上記以外の石の作用については
オーダーいただいた方にお伝えしたいと思います。

よろしくお願いいたします。

☆マクラメ編みPT☆シナバー


関連記事

2019/10/20(日) | ☆Cantarton新作・石の話 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

a~san

『これが辰砂ですか』

時折本などで目にすることがあった名前だけの存在だった
赤い鉱石のことはなんとなく記憶していましたが、
歴史上の存在と検索はしてなかったんですけど
シナバーに入ってたんですね。シナバー自体もわりかし珍しい最近取扱いが出てきた新しい石だったのであまりよく知らなかったのですが、俄然興味がわいてきました。大きさのあるオーバル型なのでしっかり存在感があって石の雰囲気もはっきりわかりますね^^
とても柔らない印象のネックレスですけど、ルビーとか結構強めでしたよね。

2019/10/20(日) 11:37:13 | URL | [ 編集]

canta☆

『a~sanさんへ』

辰砂です。
さすが良く御存じですね^^

シナバーはかつては錬金術の石といわれ
水銀を含むことから、金に換えられると考えられていたようです。

中国では漢方薬、日本でも顔料の素材として
使われていた歴史があります。
ハリー・ポッターでは賢者の石として出ていましたね。
調べれば、使い方を誤った歴史も出てきますが、

ルースがほとんど出回っていないのですが、
個人的には面白い石だと思いました^^

2019/10/20(日) 15:56:07 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/1760-896ca334
 |  HOME  |