幸運のシンボルアクセサリー*シリーズ

ショップに新しく幸運のシンボルを使用した
カテゴリーを追加いたしました。

幸運のシンボルは世界中でさまざまなものがあり、
ラッキーアイテム、縁起物として一般的に呼ばれております。

幸運をもたらすアイテムやマークは
国や文化によりシンボルが変わり、
身につける事で厄災を避け、幸運をもたらすといわれております。

例えば「鍵」はスペインでは怪我や病気を防ぐとされ、
オランダやイタリアなどでは古い鍵を身につけると幸運を呼ぶといわれ、
鳥は幸運を運び、クローバーは海外では
名声や富、愛の引き寄せや健康のお守りとされています。

鳥でも国によってふくろう、つばめ、鳩など
その地域や文化で違っておりますが
総じて「悪を寄せ付けず、幸運を舞い込ませる」という物です。


本来は表に出してはいけないシンボルやマーク
販売してはいけないシンボルもありますが
現代では多々出回っている事もあります。

特に呪術や魔術的な物はその傾向が強く、
コピー品や形を真似ただけのものが多いように見受けました。
ですので、つけてるだけでは特に何も無く、
エネルギーを持たないものも多々あります。

呪術や魔術に関わりがある物は使い方やしきたりなどもあります。
基本的に使い方などは門外不出だったり、
紙に残さず、継承者となった人に口伝で引き継がれています。

+++

アクセサリーの起源は古く、古代は装身具として
人の体に付けたり、模様を彫り込んだものを
身につける事で魔除けや魔力があるとされてきました。

時代によっては権力の象徴、
神聖な儀式や祭壇で使用されるものや、神聖な信仰の対象など
社会的に重要な役割を持つものでした。

日本の場合は呪術的な意味、役割を持つ物がほとんどで、
装飾品にはガラス、青銅、水晶、瑪瑙、勾玉などが使われ、
位の高い人や決まった職業の人しか身につけられない時代もありました。

その時代や文化、価値観により、装飾の傾向が違ってきますが、
人々の生活に根付くようになったといわれています。

シンボルや形というものは、
その形状だけでも持つ人の気持ちが安らいだり、
気持ちを強く持てたりする事も多々あり
人の心に少なからず影響をもたらしていきます。

Cantartonの幸運シンボルのシリーズは
リーズナブルな物にしておりますので、
ご購入いただいたパワーストーンや霊符に行なっている
エネルギーチャージや石の強化、術かけは行いません。

軽いエネルギーチャージのみとなり、
気軽なアクセサリーとしてお使いいただければと思います。
スカスカな物はちょっとね・・・という個人的な考えです(*´ω`*)

他店にて販売している物もございますが
Cantarton内での販売に限らせていただいております。

新しいカテゴリーをどうぞ宜しくお願いいたします。

┏○ ペコリ


☆幸運のシンボルカテゴリー



【information】
霊符プレゼント企画で届いた頃から状況が急に望む方向に変化が起きた方、
善き出会いのあった方、長年続いた厳しい状況が
急変しそうな変化の兆しが出た方などから
お礼なご報告のメールをいただき嬉しく思いました。

そのまま記事にしてOKという方もおられましたが
いずれできればと思います。

メールへの返信が追いついていない時もありますが
お待ちくださいますようお願いいたします^^;
記事も追いついていないです・・・^^;;;


関連記事

2020/02/10(月) | ☆Cantarton新作・石の話 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/1777-a65ce1b1
 |  HOME  |