死後のお迎え【1/2】

先日、亡くなった人を死後の世界から迎えに来る光景を見た、
という話を友人Mさんからお聞きしました。

友人Mさん(以下、Mさん)は石のエネルギーに過敏に反応したり、
霊的な世界が見える人ですが、亡くなった人を迎えに来る光景は
今まで見た事がなく、その光景がとても素晴らしいものだったそう。

日頃は、(私も含め)亡くなった人、霊から話しかけらたり、
どなたかの守護霊の愚痴や困り事を訴えられても
あまり聞かないようにするか、私の場合は聞き流しています。

理由は簡単で日常生活において、生前の愚痴や
対象の人に頼まれてもいない事を「誰それに伝えて欲しい」
と言われても困るのです。

人によっては受け入れることができず怖がる事もあるでしょうし、
親切心で伝えたとしても、それが余計なお世話だったり
赤の他人には知って欲しく無い事や怒りを買う事もあります。

生きている家族からプライベートな話を聞かなくてはいけないしで
伝える事で、ご家族が大騒ぎになる可能性も考え、
Mさんは悩んでストレスを溜めていました。

個人的にはいくら亡くなった身内だからと名乗られても
霊からのメッセージを勝手に相手に伝える事は
しないようにしています。

こういった事は(生きている人から)依頼されてから、
初めてコンタクトを取り、霊がお伝えしたい事を聞く事ができれば
その時にお伝えするというスタンスにしております。

昔はそのまま守護霊や亡くなった人からの伝言として伝える事もありましたが、
伝えても注意を促すメッセージに反発を持つ人、
聞く耳を持たずに堕ちていく人、逆恨みをする人間も多々おりましたので
(私が注意を促しているわけではないのですが・・・)
そういった経験から「余計な事はしない」というスタンスに変えました。

Mさんは鑑定など霊的な仕事をしていません。
ですから、亡くなった後に伝えたい事があっても自分のところではなく、
専門家のところに行って欲しいと思うわけです。

+++

その頃、Mさんのかなり遠縁の方で血縁関係の無い方が亡くなりました。
この方も亡くなってからMさんの所に姿を現したそうです。

交流の無かった遠い関係の場合、その人の家庭や事情がわかりません。
人や家族から聞いていた話と、霊本人の話が食い違う事も多く、
生きている家族からプライベートな話を
聞かなくてはいけなくなります。

自分が伝える事で家族が大騒ぎになる可能性も考え、
霊からの伝言を伝えする事に対してMさんは悩んでいました。
そんな状況の中で、遠縁の亡くなった祖母がMさんの前に出てきたのです。

Mさんが生前に祖母を見たのは
だいぶんお年を召してからで、車椅子で生活する状態だったそうです。

その祖母が亡くなった時、
先に亡くなった祖母の旦那さんがMさんに挨拶に来られたそう。

挨拶に来た時の祖父は高齢おじいちゃん。
しかし、祖母のお迎えモードになると、
まるでデートに迎えにきた若い男性そのものだったそう。

祖母を待つ祖父の容姿があまりにも素敵だったらしく
モエェ(*´Д`*)ェエ工←萌え死したMさん。

あちらの世界で祖母を待つ祖父の姿は若い姿に変わっており、
ビシッとスーツ着こなし、驚きのカッコ良さ。

亡くなってすぐの祖母は自分が、亡くなっている状況が分からない状態で、
迎えに来た祖父は、祖母が落ち着くのを待っているイケメンだったそうです。

そんな祖父の祖母への愛しい感情もMさんに流れて、
祖父と祖母のロマンスに感涙し、まるで映画のワンシーンようだと、
しばらく萌え死してたそうです(笑)

+++

祖母と祖父の間には娘さんがおられたそうですが、
祖母よりも早く亡くなり、亡くなった後は
「自分の母親(=祖母)を迎えに行く」と言っていたそうですが
祖父は「自分が祖母を迎えに行く」と、あっちの世界で言い合っていたそう。

亡くなった祖父は、実は祖母とゆっくりと2人で会いたくて、
まるで久しぶりのデートをするように若い姿に変えた祖父は
素敵なスーツを着て祖母を迎えに行ったのだ、という事を理解し、
余計に死後のロマンスに萌え死にまくっていたMさんでした。

+++

この話をMさんから聞く前、
実はブログ記事にしようかと考えていた話があり、
状況は違うものの、あの世からのお迎えのお話なんです。

ずいぶん前の話なのですが、私がみた光景を
そろそろ記事に書こうかなぁと思いつつ、
忙殺されていたところに今回のMさんからのお話を伺いました。

それもあり書くタイミングだと思い
記事にしました。

次回(3/14)死後のお迎え【2/2】に続きます。


【information】
マクラメ編みペンダントの新作を数点アップいたしました。
よろしくお願いいたします(✿´ ꒳ ` )

Cantarton


関連記事

2020/03/07(土) | ☆精神・霊世界の事 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/1782-df445035
 |  HOME  |