新しい罠・後編

撫子さんに「ほら、一緒にペア鑑定しない?」

とか冗談ぽく言われ…これで彼女がやる気を起こして、
実生活を建て直すように動けるようになっていくのなら…。


「復活に向けて頑張れるのなら、ペアでも鑑定でも何でもやる」
という思考になっていってしまった。

で、アレコレと撫子さんの霊感・実生活復活に向けてリハビリ案を考えていると
最近「担当になった」と押し掛けてきた大天使アリエルから
アレコレと「今やるべき事」を申し渡される。

もうPTSD、過去の虐待からのトラウマ、DV、監禁されるなど
酷いことをされ続けたのだから...私に視えた心の箱はボロボロだった。


後ろのチヨさんが言うには

「まずは生活(土台)の立て直しを」

よくよく撫子さんから話を聞くと
数ヶ月前まではかなり大変で(いや、今もなんだけどさらに大変だった)
子ども側からも話を聞くと、子ども目線での彼女の心配な様子が聞けた。


……なりほど……こりゃぁ……本当に一からだ…。


そしてアリエルから、撫子向けのワークが渡される。
(どうもこの大天使からの「あなたは~ですので~」という口調に慣れないナァ)


彼女がまずやるべき事は
感を取り戻す以前に崩れに崩れた生活を安定にする事。


そのために、アレコレと要らない思考や嫌な出来事を焼却する。

心と身体が安定してこそ、本来の能力が発揮される。ンだそうだ。


ただ、思い出すのも辛い事項もたくさんあるので、
無理に思い出させず、出せる時期を私が見計らって話題を振って
「思い出した嫌なこと」を撫子さんが焼却作業をしていく。

アリエルと会話するにも、
そのたびにハキハキ、スパスパした回答。


先の計画を言うと撫子は「大変そうだにゃ~」とダレてしまうので
先はナイショで進める事になった。

そんな中、

撫「アメジストブレス、何もしてないのに壊れた」

私「じゃ、修理するか~」


とレスした後でふと思った。


あれ、そんなに簡単に切れないんだけど…甘い作りになってた?
それと同時に

私「なぁ、もう少し強めのブレスにしていいかな」

撫「あれで大丈夫だったので大丈夫です」


前はアメジストメインだったけれど
彼女には「スモーキークォーツをメインが良い」と言われる(チヨさん)


私「そうなん? あの人アメジストに慣れてたと思うんだけどなぁ」

私「ねぇ………という2案ブレス、どっちにする?(そっちの指導霊に聞いてみて)」

撫「…スモーキーの方で(サブにアメジスト)、だって。
 私はアメジスト慣れしてるから、アメジストが良いんだけどなぁ。
 『冴えるよ』とか言ってる」


それを聞いた私は

「うし! 撫子用に強力なん作ったれw」


嬉々として作っていたんだけど、制作途中から右腕が痛いわ熱いわで
こ~れ~は~強力そうだなぁ♪

その上にあの石の上でパワーチャージしてやる♪


ウヒヒと思ってデザイン変更までして作ってる途中で、フと疑ってみた。


私「ねぇ、チヨさんは撫子さんにブレスを『好きなだけ持っておゆき』って言ったけど
 これはもしかして....」


ア「察しがいいですね(笑)」


最初にアメジストをあげるとか言ってたのは、ちょっと様子伺い。

これで少し前の感覚を自分で思い出させる。
その後に撫子専用の強めのブレスを作って渡す。

ア「彼女の仕事に役に立ちますからね」

のちに彼女がやらないといけない仕事をする前に
先に現物支給をしたという事らしい。


こりゃぁ大天使詐欺ですなぁ。


のちに、その撫子用ブレスは陰陽師の人に
「気性が強そうなブレス」「慣らすまで大変そう」

という評価をもらった^^;

そしてまた後に壊す撫子であった....壊れるってそういう意味ね....orz

そして後に、撫子の霊的感覚が上がるにつれ

撫「物足りなくなってきた....」

と言われるたびに、また違う組み合わせのブレスを
作っては壊し、壊されれば直すというパターンになっていくのであった....。


関連記事

2009/02/26(木) | ☆天使・大天使・エンジェルナンバー | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/267-9c5de1c5
 |  HOME  |