霊符と鑑定について

最近、特にご依頼やお問い合わせの多い霊符について。

少し空き日が出来そうかと思えば、次々に鑑定や霊符、
リーディングのご予約が埋まっていってます(^。^;)

数日前にご依頼をされてた場合でも、
その週末はご依頼ですでにいっぱい状態が多いため、
順番をお待ちいただくか、お待ちできない場合などは他の鑑定師をご案内いたします。
ご了承ください。

鑑定や霊符、リーディングがいっぱいでお受けできない場合、
ショップの在庫も「ゼロ」にしています。
詳しい理由はココに。

たくさん依頼が寄せられ、内容もかなり深刻や難しい依頼が多いですから
まず集中力が必要ですし、1つ1つを雑に視る事ができないのと、
私が霊視鑑定をする時は占術・占トも使用します。

1案件を視るのにも1時間以上はかかります。
オーダーブレスやサンキャッチャーも同じですが
霊符も私の場合は書いた後、霊符に「力」を吹き込む仕上げの仕事があります。

1つ1つをキチンと仕上げるのには時間が必要ですので
日に余裕を持ってご予約ください。

霊符は書く「日」を選ぶ為に、日が悪い時期が続くと
5日~2週間、お時間をいただく場合がございます。

書き上げた後も、力を吹き込む作業があるため、
「急いで書く」「1日に10枚以上書く」という事は不可能
になっております。

霊符の予約はお受けしていますが、
必ず日数に余裕を持ってご依頼くださいね。


霊符の効用は、霊符を書く人の霊的な能力、力、霊符を書く人の向き不向き、
書く日、墨や紙、水、書き手の霊能力や力も効果に関わり、
どれも1枚の霊符を書くにあたって、必要で大事な要素です。

霊符を用いる人の前生や、人となりや所持する側の日常的な努力など、
人によって効果がさまざまです。

ですから、同じ霊符を用いても即座に効果が出る人もいれば、
1ヶ月、1年、あるいはもっと長期間かかる人もいます。

私の場合は長期間かかった事は、今のところはありませんが、
つまり、霊符にも「相性」があります。
一番いけないのは霊符に疑いを持ち、とっかえひっかえ変更する事。

神社のお守りもお札と同じように、
柱に貼って使用する霊符は「目線より上の高さ」が基本になります。

効果を焦らず「明らかに悪く作用している」とご自身で判断したときに、
別の物に変更するのが宜しいでしょう。

霊符が不要になった際は、
神社の古札入れに霊符に感謝をもって納めてください。



霊符が必要かどうかは、私の方では鑑定結果の上で、
霊符やブレス、サンキャッチャーを
「買わないといけない」「買いなさい」という強制は一切申し上げません。

それを必要だと判断をするのも、依頼をされる方です。

霊符はキャンセルは出来ませんので
「自分に必要」と感じた時や、よくよくお考えの上でご依頼ください。

Cantartonの霊符・霊視鑑定に関しては
mixiの日記の報告、足跡張をお読みいただくか、
過去の霊符関連の記事をご参照くださいね。


良い事が起きた、現状が変わったという嬉しい報告メールや
鑑定後のお礼メールも毎日のようにいただいてるのですが
一通り目を通したものの、肝心なレスが追いついてない状態です。

いやはや...すみません(;;;^ω^)


今週もお待ちいただいてる鑑定、霊符、リーディングを
1つでも多く仕上げて早く発送手配までいけたらと思います。

当分、私に休日はなさそうです(ノД`)
関連記事

2012/02/18(土) | ☆霊符・霊視鑑定 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/280-edc8cf78
 |  HOME  |