ブルーアパタイトと夢と師匠からの依頼ピアス【前編】

ブルーアパタイトのピアス。

ショップに出す前に1年以上ぶりに自分用にとシルバー素材で作り、
しばらく寝起きを共にしていたら...

付けた日から不思議な夢ばかり....連日見ました....orz


普通に寝てる時だけではなく、睡魔に負けた週末の仮眠ですらも、
関わった人や過去〜現在の知り合い、
夢に出てくるまで忘れていた交流も無い古い友人の夢を何本も見ました。

あんまり夢見が多いと、起きても疲れるんです...(;;;^ω^)


予知夢、伝言夢は日常的なので見ても
よほどでない限りあまり気にしていないというか
気にするほどの時間がない毎日、何かしら多忙な日々。


今回の夢は奇妙であり「続きが見たい」と思いながら
休日の早朝なので二度寝すれば、珍しく夢の続きが出てきました。


夢は昔住んだ、霊が出るイワクツキ家屋。

土地が問題の場所でした。


注文住宅で家を建てる最初の方からずっと、奇妙な現象が起き、
現実主義の私の一家は、それが「土地が原因の霊障」だとは知らず住み続け
とうとう兄が精神的に酷く病んでいきました。

毎日が荒れていた数年間、
このままだと一家離散になる「ヤバい」と感じた頃...


私「この家は何か霊的に変だよ...ずっと黙っていたけど...」


の一言で、現実主義だった父は急に引っ越しを決め
400倍近くの抽選で家が当選し、無事に引っ越し。

その当選発表当日も学生だった頃は知らされてなくて
家族で一番遅い時間に起きてきた私は母に

私「ねむい、家が当選する夢を見たよ」

母「いま、兄とおとうさんが一緒に発表を見にいってるよ」

私「今日、当選発表日だったの?」


その数時間後に、興奮気味の父と兄が帰ってきて

父&兄「家が当選した!!!!! 引っ越しできる!!!」

家が当選してものすごい早いスピードでの引っ越しで、
その住んでいた家も早々に売れました。



兄はその後も少し変でしたしまだ少し荒れていましたが
急に海外ボランティアに行き、ドイツやヨーロッパに住んで帰国する頃には
すっかり元の兄に戻っていました。

思えばこれは兄に長年降り掛かった霊障でした…。

(;;^ω^)そりゃ精神科の薬も効きません。


この家の話や過去の話をごく親しい友人にできるようになったのは
この家を離れてから5年以上経った頃、
付き合いが深くなった、霊感の強い友人などに話しました。


強い霊感持ちの友人が昔から必ず側にいたので
試しに家の場所を言わずに歩かせると、必ず私の家の前で止まりました。

どの霊感持ちの友人も、その家系の子も

「この角を曲がった途端に風景が歪んで
 この家が、というよりもこの数件一体がドス黒い」

というのです。


父が昔、撮影したのと私が撮影した分で、心霊写真も撮れました。

その写真はアップしませんが、私の左手首先が消えてる写真や
私が当時、携帯で撮影した分は、誰でも鮮明に分かるような写真で
霊気の先生や友人に見せたところ

「げげーーー」だの「(;´Д`)うわ〜」だのという反応。

霊気の先生は霊関係は慣れてるので、冷静なコメントでしたが(笑)


その家の夢が、最近になって出てきて
私としては嫌な出来事が多かった家の事はすっかり忘れていたところ
この家の夢が新しい宝石を付けて寝ると、また出てきたわけです。


暗い夢で母がまだいるので「この家は出ないとダメだ」と言い、
私が家の中(というか土地)を浄化しまくり。


このあたりで一度目覚め、
以下は「見たい」と思って出てきた夢の続きです。

続きはコチラ


関連記事

2012/10/10(水) | ☆夢・伝言夢・予知夢 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/516-93ba3133
 |  HOME  |