変わった依頼【後編】

Cさんの今回の依頼の遠隔霊気を送る回数は3回に設定してみました。

「たぶん強くないです」と言うCさん。
まず最初に時間を決めて、今の状態で霊気を私に送ってもらいました。


途中で「あ〜、なるほど。あまり使ってないのかな?」と思いながら
細かく感じた感覚と、状態の変化の率直な感想をメール。

遠隔霊気ヒーリングが出来ていないわけではなく、
フワッと優しくせせらぎのような優しい感じ。

それはCさんも自覚があったようで
C「実はあまり霊気を使っていないんです」

私「自分に霊気をかける方法で、練習してみてください」
とレスしながら「たぶん、すぐ強くなりそう」という予感で
翌日に時間を設定しました。


同じ時間に遠隔霊気を流してもらうと、確かにCさんの霊気は強くなっていた。

ふんわり熱感から、もう少しエネルギーを強く感じたときにいつもなる
弦を弾くような、ビンビンとした刺激をずっと手に感じる。


私(練習すればキチンと強くなってるのに、もったいない…)

私「自己浄化で良いので、もう少し練習してみてください」

と、練習の具体的方法を伝え、その日から2日後に次回の予約。
Cさんは自主練習をして、再々チャレンジ。


すると真面目に練習したのか、明らかに初回・2回目と強さが変わっていました。

C「手から出る量が増えてるのが分かった」

とやっと自分の遠隔霊気に自信がついたそう(笑)


霊気をキチンと習うと、気の通る回路は開いてあるはずで
そのエネルギーを感じる感じない、強い弱いかは個人によってさまざま。


霊気は普通に習えば誰でも使えるのだし、使えば使うほど強くなります。

せっかく自分から得た物を使わずにいるのは
本当にもったいないなぁ、と感じました。

後は扱う人の心がけによりけりで、
自分にかけ飽きたら、身の回りの人や植物でも何でも良いと思いと思います。


送る際は何も考えない(邪心が入らない)ようにしていたら
めったに変な念は行かないのではないか、と思います。

今まで嫌で嫌でしょうがなかった自分のエネルギー過敏体質が
このような形でも活かされるとは...。

なんてこった。


C「こういう強さの判定や強化方法を教えてくれる講座が他に無いので
  ぜひ、講座を作ってください。」

と言われ、この依頼の後から要望があり、
「霊気強化講座」を後に作りました。
関連記事

2009/09/09(水) | ☆霊気・霊気伝授・講座 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/573-41d0215a
 |  HOME  |