護符(霊符)書き【後編】

その後、空いた時間に届いた護符の専門本を何回か読んで見ました。
ついでに、昨年書いた「自分の本業の商売繁盛の護符」。


これも撫子依頼の護符を書いた後で、

「一番最後に書き直そうっと^^」

と、思っていたら...書けなかった...orz


この日はいろんな作業をしているうちに書く時間が無くなり、
後日も日も時間も全く空かないんです。

その上に、私の方もなんだか書く気が失せてきました。


護符の中には「金運アップ」や「商売繁盛」「運気アップ」
と言うものが何種類もあります。

中には「結婚相手と巡り会う」「恋人と仲良く」と、恋愛系の護符もいくつかあり、
読んでるだけで楽しかったものの、自分の分に関しては、
「書こうかな」と思うのに書けません(涙)


書く際にいろんな作法があり、これを飛ばすと効力を失われるものがあります。

そして書き手の集中力と気、そして純粋な念の入れようで
強さも効力も変わり、護符を持つ人の持つ問題、
相性によっても効果の顕れ方や効果の出る時期はさまざまです。


護符によっては禁忌な事もそれぞれであるため、
ブログに書く際には、書いても大丈夫な範疇のみで
護符ごとの細かい使い方、何を書いたかなどは
依頼者とのやりとりの事になるので、ココでは一切省略になります。


護符を作成する際の「いろんな作法」というのが少し面倒で
護符を必要と人から依頼された場合は、私の方には書く時間が自然にできて、
書く時も決して面倒とは思わない。


なのに「自分の用に」と思った分には、「書こうかな」までは思っても
いざ実行になると、そこまでする気が失せる...。

(-_-)書く気があまり起きない。


書く気が失せると、気も念も入れようがない。

気も念も中途半端な護符は、あまり効力を持たない。


なので自分の好きな護符や興味が出た護符を、
自分用にと、何でもかんでも「勝手に書けない」と判明...。

まるで撫子さんの祈祷と同じ...。


自分の本業の繁盛用は、当分は昨年に書いた分は
「十分使えて、作用している」とのチヨさんからのコメントでした。


確かに、昨年に書いてしばらくした後は
ひっきりなしに本業の方は新規案件がずっと舞い込んできていて繁忙が止まない。
リョウさんも「今年はおかしくない?」と私に言い、首をひねっていました。


自分の本業用の護符は書き直しが必要な時期になれば、
チヨさんに言われるか、私の方が自然に「書く気満々」になるのでしょう(笑)
関連記事

2010/06/25(金) | ☆霊符・霊視鑑定 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://septentrion1155.blog98.fc2.com/tb.php/772-63edcfce
 |  HOME  |